【もう歳かも・・】一週間の疲れを感じている社会人の皆様へ


華金サラリーマン

長時間残業からの上司との飲み会。そして、翌朝には満員電車に揺られ会社に出勤。
 
日本の社会人として生きるのは、全く容易ではない。
そんな「地味に過酷」な毎日の中、「もう歳かも・・・」。
そう感じている方も多いはず。
 
 
そんな皆さんに朗報です。あなたは全く「歳」ではありません。
 
「疲れた」なんて言っている場合じゃない。
あなたにそんな気力を与える、最高に「クレイジー」で「クリエイティブ」で「挑戦をやめない」、世界の「ハイパー老人」をご紹介します!

 
 
ファンキーすぎる「79歳DJばあちゃん」
DJおじいちゃん
「『帰れ、くそばばあ!』って言われることを期待してるのよ、そのときは中指を立ててやろうって」。
 
そんなファンキーすぎる発言をするのは、御歳79歳のDJばあちゃん。
「DJ SUMIROCK」こと岩室純子さん。
 
HEAPS magazineによると、3年前からDJスクールに通い始めた彼女は、昼間は餃子屋の女将、夜はDJプレイヤーとして若者が集まるクラブに通う。
 
更にそれだけに飽き足らず、なんとパリやノルマンディーでの海外プレイ経験もあるというのだから驚きだ。

 
81歳で砂漠キャンプ!「いくつになっても冒険していい」

(Photo by  Toby Keller)

(Photo by Toby Keller)

乾ききった砂の地に、巨大なアートを建て、1週間後に燃やして“無”に還す、儀式のような祭り。それが「バーニングマン」と呼ばれる、「砂漠キャンプ」。
 
奇想天外な服装の人も、裸の人も、若者も、ちょっとクレイジーな人も・・・
あらゆる人が集まる一風変わったこのカオスなキャンプ。
参加するのは、81歳の大学教授チャーリー・ワーナーだ。
 
自分のことを「年寄りだから」と決めつけない。
そんな価値観や考え方の呪縛から解放された砂漠の世界で「新しい自分を発見した」と語る彼。
 

「いくつになっても冒険していい」。そんな勇気を我々に与えてくれる。

 
 
若さの秘訣は「挑戦」にあり!
shutterstock_178392428
こちらの記事によると、シャネルやフェンディでファッションデザイナーを務めるファッション界の重鎮、カール・ラガーフェルドは次のように語っています。
 
「自分に満足することはない、だからいつまでも前進できる」
 
 
「絶対に挑戦をやめない」。
彼らのような「ハイパー老人」たちは、そんな精神が共通しているのかもしれません。
 
 
「もう歳だな・・・」そう感じている社会人の皆様。
若さを取り戻す秘訣は「挑戦し続けること」にあるのかもしれません!

 
 
Be inspired!
 
 

shutterstock_27372310
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします