【“1スワイプ”が運命を変える】世界一簡単な「出会い方」の実態とは?


smart phone dating

目標意識が高くて仕事を頑張る人ほど、「実は一度社会に出ると、全くモテない」。そんな現象が起きているのをご存知でしょうか?
 
理由は簡単。仕事を頑張る人ほど、「会社と自宅だけの往復」になってしまい、仕事以外での出会いのが数が激減してしまうから。
 
目標意識が高くて仕事を頑張る人は、本来であれば人間として非常に魅力的で、「ゼッタイにモテる」はずです。
 
実は、そんな「魅力的なのにモテない方」にぴったりの、簡単かつ最適な出会いを提供するアプリがあるのをご存知でしょうか?そのアプリの名は『Tinder(ティンダー)』
 
「出会い系」と聞くと、怪しいイメージを持ちますが、Tinderは今までの「出会い系」とは全く異なる「“リアルな出会いの感覚”をオンラインで演出」しています。そんな「健全な出会い系」サービスなので、アメリカでは爆発的な人気を記録中!世界のセレブ、リンジーローハンやリリーアレンも利用するほどになっています。
 
日本での展開も間近の、このTinder。「次世代出会い系」といわれるその理由とは?
 
 
“1スワイプ”が人生を変える!「次世代出会い系アプリ」

Tinderが他の「出会い系」と異なるのは、そのシンプルな使い方にあります!
現在日本でも人気を集めているマッチングサイトでは、登録時に「永遠に続く詳細な質問」に答える必要がありますが、Tinderでは一切不要!Facebookに連携して、自分を表現できる写真を選択するだけでカンタンに始められます。
(Photo by Tinder)

(Photo by Tinder)

そして、その「出会い方」も実にシンプル!
同じ地域に住むシングルの異性の写真が次々にスマホ上に表示されるので、それをスワイプ(スマホの画面を指で右左にワイパーのように動かす)するだけ。次から次へと現れる、異性の写真を左右にスワイプし、好みなら右へスワイプして「LIKE(好き)」、好みじゃなければ左へスワイプして、「NOPE(いいえ)」。お互いが「LIKE」ならマッチングし、その相手とチャットを始めることができます。
 
New York Timesによると、日常生活の出会いの初期段階で我々が最も重要視するのは「見た目」だそうです。通常のマッチングサイトと異なり、Tinderでは、「相手に関する余計な情報」が排除され、写真だけで自分との共通点があるかどうかの見極めを行えるシンプルなTinderでは、より「リアルに近い出会い」を演出することが可能だそうです。
 
2012年にカリフォルニアで開発されたTinderは、現在、24言語に対応していて、1ユーザーの一日における平均アクセス回数は11回!そして、1,500万組以上が毎日マッチングしているというのだから驚きです。
 
この爆発的人気でユーザーが集まれば、あなたの運命の相手もこのアプリで見つかるかもしれません!
 
 
「オンライン出会い系アプリ」がリアル社会を変える?
- (2)「オンライン出会い系」として世界で人気を博すこのアプリですが、世界では「Tinderがリアルな社会」を変えるために使用される例も登場しています。
 
■ブラジルのとある町で行方不明者を大量発見!
こちらの記事によると、ブラジル南部のサンタカタリーナ州では毎年3000人を超える人が行方不明になっているそうですが、Tinderユーザーである市民に能動的に協力してもらうことによって、前代未聞の捜索活動を実施し、23名の行方不明者を発見することに成功したそうです!
 
 
■Tinder風「出会い系仕事系」アプリ
2014年にイギリス、ロンドンで始まったサービス。あのLinkedinが『NETWORKR(ネットワーカー)』という名の「tinder風Linkedin」を開発したそうです。
 
『NETWORKR』では、Tinderのようにスワイプで誰かとコネクトすることが可能です。一緒に働いてみたいと思う人がいたら「LIKE」ではなく「Let’s connect」を、興味が湧かなければ、「NOPE」ではなく「Not interested」をスワイプ。お互い「Let’s connect」になればマッチングし、Linkedinでコネクトできる仕組みになっています。
 
 
「“少ない情報でより多く”を伝える」時代へ
2
このように、Tinderは本来「出会い系」として始まったサービスですが、その機能で行方不明者を探したり、機能を応用してコネ作りをしたり、本来の「出会い系」としての機能を飛び越えて、様々な領域に拡張していることがわかります。
 
この「拡張性」を見ると、このサービスが今後世界中に普及し、FacebookやTwitterのような全世界で使用されるサービスとなる可能性も伺えます。
 
「多くの文字」を投稿できるFacebookから、Twitterではたった「140文字」になり、Tinderではついに「たった1枚の写真」で、相手に自分を伝える時代になりました。
 
情報が溢れかえる現代では、「より少ない情報でより多くを伝える」。
そんなスキルを持つ人が、多くの人の関心を集めることができるのかもしれません。

ーBe inspired

smart-phone-dating
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします