【“空気を読む”タクシー登場!】あなたの目的地、もうバレてます。


taxi street city

ついに、タクシーまでもが「“空気を読む”時代」がやってきてしまいました!
 
携帯アプリで今いる場所にハイヤーやタクシーを呼ぶことができる配車ウェブサービス、『Uber』。
なんとこの会社はビッグデータを活用することで、「タクシー自らが考え、乗る人の目的地を推測できるサービス」を作ってしまったのです!
 
一体どうゆうことでしょうか?
 
 
的中確立74%!“考える”タクシーとは?
in a taxi現在様々な企業が注目するビッグデータ。
 
ビッグデータとは、「膨大なデータを分析して有益な情報を得ることでビジネスに役立てようとする試み」ですが、なんとUberはこのビッグデータを使用することで、“タクシー自身に考えさせるサービス”を開発したのです!
 
Uberの試みの一つ。それが、「ビッグデータを活用することでユーザーの最終的な目的地を予測すること」なのですが、見事なことに、最大で74%という高確率で、タクシーは「ユーザーの最終目的地」を予測できることが分かりました。
しかも、「なんとなくそこらへん」ではなく、住所単位で特定できるようです。
 
すなわち、UBERはユーザーの過去の利用歴から、予め「田中さん、今日はいつもの銀座の◯◯のバーですね?」みたいなことを予測することができるのです!
 
 
「未来予知タクシー」に隠された技術とは?!
looking at mapUberが「未来を予知できるタクシー」になれた理由。
 
それはビックデータにありますが、その「未来予知」に使用しているデータが、実は“たった3つ”のとてもシンプルなデータなのです!
 
①「特定のユーザーはどこに行く傾向があるか?」という「ユーザーの履歴」

②「Uberユーザーは全体的にどこに行く傾向があるか?」という「Uberユーザーの中の傾向」

③「このエリアではどの場所が一般的に人気が高いのか?」という「人気のある場所」に関するデータ
 
これら三つのデータを「事前確率」(ユーザーについて知っている情報)として算出することで、「未来予知」を行うことに成功しています。
 
 
「機械学習」が創る未来
people walking street上記で紹介したようなデータを利用するだけで、ユーザーの住所別に「どこにいく傾向が強いのか?」という確率がわかるのって・・・・すごくないですか?
 
Uberは、現在もデータサイエンティストを募集することでサービスの発展を目指してるようですが、今後、Uberのように「ビッグデータ」と「機械学習」を使用したサービス事例は増えていくでしょう。
 
「ビッグデータ」と「機械学習」
それは、社会・経済の問題解決や業務の付加価値向上を行っていくため、ますます発展しいく領域であると考えられています。
 
これをきっかけに「ビッグデータ」と「機械学習」について学んでみてはいかがでしょうか?

ーBe inspired!

この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします


2 Responses

  1. vilfunsrsm より:

    hB7whf cyjfmkpwrppj, [url=http://jjnrbcatgpib.com/]jjnrbcatgpib[/url], [link=http://ysnvkwyosnzj.com/]ysnvkwyosnzj[/link], http://gvxzlgghmcac.com/

  2. Roger より:

    I’m so glad I found my sotoliun online.