【タダで旅する方法】Airbnbの刺客?アイルランド発『GoCambio』が、「0円旅行」を可能にする!


(Photo by Joshua Berman)

(Photo by Joshua Berman)

高級料理を食べること。

外資系ホテルに宿泊すること。

はたまた、ブランド物を買い漁ること。

あなたにとって旅の“醍醐味”とはなんだろうか?

旅の醍醐味の一つとして「ローカルな体験」を挙げる人もいるかもしれない。

旅行先のローカルな家に泊まれるウェブサービス『Airbnb(エアービーアンドビー)』。

このサービスの人気の秘訣は「ローカルな体験」を低予算で“誰でも”できるというところにあるのではないだろうか。

しかし『Airbnb』を超える旅行者向けのウェブサービスが存在するのだとか。

何が超えてるかって?それは「金額」。

「低予算」ではなく「無料」、しかも宿泊場所だけでなく、食事もついてくる?

その対価として必要なものは「あなたのスキル」

「0円」で、ローカルな宿に、ローカルなご飯、ローカルな人々と交流ができる。

そんな画期的なサービスがアイルランドから始まり、世界へ広がっているのだとか…?

旅先で“あなたのスキル”は、“宿とご飯”になる!

(Photo by GoCambio)

(Photo by GoCambio)

アイルランドで始まり、現在110カ国以上の国で利用されているでの旅行者向けウェブサービス。

その名もGoCambio(ゴーキャンビオ)』

(Photo by GoCambio)

(Photo by GoCambio)

Cambio(キャンビオ)とはスペイン語、イタリア語で「交換(exchenge)」を意味する言葉。

「語学やスキルと文化を交わしに旅に出よう!」という思いが込めら名付けられたそうだ。

毎年、世界中の何十万人が自分の語学に磨きをかけたいと思い、何十万人の人が海外に旅行したいと思っている。

この2者をうまく結びつける方法として『GoCambio』というサービスが誕生した。

たった一つのアイディアが「世界の旅人」をハックする。


このサービスの仕組みは、いたってシンプル。

海外に旅行したい「ゲスト(旅行者)」と、自分の語学に磨きをかけたい「ホスト(宿主)」の2者がいることでサービスは成り立つ。

まず、ゲストは旅行に行きたい場所を決め登録し、ホストは自分が学びたい事(語学、スポーツ、音楽)を選択し登録。

そして、両者の条件がマッチしたら成立したら、ゲストは、ホストの家にタダで泊まることができる。

ホストは授業を学ぶ代金として「宿泊場所と食事」をゲストに提供し、ゲストは自分のスキルを共有して「宿泊場所と食事」をホストからもらうのだ。

なんと今では、世界110カ国にまで広がった『GoCambio』。

主にスペイン、イタリア、フランスなどのヨーロッパの国で親しまれているそうだが、台湾などアジア圏でも人気なのだとか。

バックパッカーに朗報!110ヵ国の「タダ宿」「タダ飯」。

(Photo by GoCambio)

(Photo by GoCambio)

日本でも、海外旅行をする人が年々増えてきていると言われているが、お金がかかり、簡単に行けるというものではないのが実情だ。

しかし、その海外旅行の金銭的なハードルを下げたのが『Airbnb』であれば、ハードルを取っ払ったのが『GoCambio』だと言えるかもしれない。

「バックパッカー」や、「学生」。低予算で旅をしたいと思っている人々にとっての強い味方になろうとしている『GoCambio』。

「自分の持つスキル」、「自分の家の空いているスペース」。
それぞれを共有し、Cambio(交流)が生まれる。

シェアリングエコノミーと総称され、注目さていているこのようなサービスが、この先増えていくことで、「お金をかけずに、快適に生活ができる時代」が、少しづつ迫ってきているのだ。

ーBe inspired!

711301473_62c65f4b60_o
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします