【起業家は安宿好き!】成功者が好む旅の楽しみ方


(Photo by  Chris Goldberg)
せわしなく観光地を回り尽くし、ゴージャスなホテルに滞在し、たっぷりと買い物をして過ごす。そんな日本人が大好きな旅の仕方。実はもう古くなっています。
 
「出会いと学び」
それが、近年注目を集める旅のコンセプト。

 
そして、そんな新しい旅のコンセプトを実現する場として急速に注目を集めているのが「ホステル」。

 
「相部屋が多く、バス・トイレも共用。共有スペースには常に見知らぬ人が行き交っている・・・」安宿のホステルには、そんなマイナスイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし、魅力的なオーナーの手にかかれば、そこはひとたび個性的な旅人が集う「社交の場」に変わります。

世界各国から似た者たちが集い、互いを刺激する「学びある会話」が繰り広げられる「出会いの場」になるのです。

 
そんなホステルには、多くの富を手にした「成功者たち」もインスピレーションを求めてやってくるのだそうですが、ニューヨークにはそんな彼らにぴったりな「インスピレーションの源泉」となり得る個性豊かなホステルがあるそうです。

 
訪れた人にしか味わえない「世界」と「出逢い」を提供する、唯一無二の空間とは?

 
1920年代へタイムスリップ?!NYCの歴史が詰まった「もう一つの家」

 
The Bowery House

(Photo by HEAPS Magazine)

(Photo by HEAPS Magazine)

レンガ造りの建物に入り2階に上がると、バーを思わせる佇まいの広々としたラウンジに旅人が集まる。

かつてはドラッグ、アルコール、ホームレスなど、社会のひずみの全てを引き寄せるエリアだったノーホーに佇むこのホステルですが、現在では、その少しアウトローな雰囲気を残しつつ、エッジーで自由なスタイルを好む若者が集うオシャレ地区として賑わっているそうです

「旅人にとって短期滞在用の居心地の良い場所であり続けたい」という想いから『home away from home(もう一つの家)』をコンセプトに運営されるこのホステル最大の特徴は、1920年代から変わらない個室キャビン。
一度足を踏み入れると、1920年代への「時間旅行」がはじまる

(Photo by HEAPS Magazine)

(Photo by HEAPS Magazine)

ブルックリンのHipster生活を疑似体験!アートに溢れたFanky Hostel

 
The New York Loft Hostel

あらゆるクリエイターたちが移り住んできているブッシュウィック。

アーティスティックな雰囲気に溢れたこの街には、「ロフトを改造して入居する大胆な新住民」が増加しているそうです

そんなブルックリンのヒップな生活を疑似体験することができるホステルが、The New York Loft Hostel

ファンキーなインテリア、BBQパーティーが年中開かれる中庭、屋外テラスに設置されたジャグジー。

新しい「出会い」を作り出す環境が整備されたこのホステルなら、インスピレーションを与えてくれる仲間にきっと出会えるはず。

 
個性派揃いのスタッフがおもてなし!アットホームホステル

 
The Local

(Photo by agoda)

(Photo by agoda)

ブロードウェイ女優に、アーティスト、4カ国語を操る旅人にロックスター。
ニューヨーカーらしく「自らの生き方」を貫く、個性豊かなスタッフがお出迎えしてくれるアットホームなホステル、それがThe Local

(Photo by Hotel.com.au)

(Photo by Hotel.com.au)

旅人だけでなく、スタッフからもインスピレーションを受けられるホステルは、ニューヨークでもここだけかもしれない。

 
 
Be inspired!
 
 

7916189566_7ffe197494_z
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします