【革命が生まれる場所】20分毎に新しい会社が誕生する街


「20分に1つのスタートアップが設立され、2020年までには100,000ほどの仕事が募集される」といわれる街があります。
 
「世界の文化を変革してきた場所」というと、IT企業が密集するシリコンバレーを想像する方も多いかもしれません。

しかし今、この「イノベーションの聖地」をしのぐ勢いで、急成長を遂げている街があります。その街とは一体どこなのでしょう?

 
”Siliccon Allee(シリコン・アレー)”
それは、ドイツの首都ベルリンにつけられた愛称。

なぜ、ヨーローパに数多く存在する最先端都市の中で、ベルリンだけがシリコンバレーに取って代わる「イノベーションの聖地」となり得るのでしょうか?

Photo by Werner Kunz)

Photo by Werner Kunz)

 
ヨーロッパで最もアツい!「クリエイティブタウン」

ベルリンの壁崩壊後、人々は仕事を求め西ベルリンへ引っ越した為、東ベルリンには多くの空き家だけが残りました。

そんな何もない場所に、「自由」を見いだしたアーティストや活動家。更には様々な国から移民が移り住んだことで、ベルリンの街は「クリエイティブのるつぼ(Creative Melting Pot)」として独自のアートや思想を生み出す街へと進化していったそうです

ヨーロッパ先進国では稀に見る安い物価の助けもあり、自由で活気に満ちた雰囲気のベルリンには若い投資家・起業家・クリエイターが集まり、現在は「イノベーションの街」へと急成長しているようです。

 
コーヒーと有望スタートアップの意外な関係

現在シリコンバレーで起こる『第三のコーヒーブーム』。
 
その背景には、起業家たちの「コーヒーに対する意外な需要」が隠されているといわれています

彼らは「クリエイティビティーを発揮するには、上質なコーヒーと空間が必要不可欠」と考え、そんなシリコンバレーらしい”需要”の元、『第三のコーヒーブーム』が起こっているようです。

(Photo by  Robyn Lee)

(Photo by Robyn Lee)

多くのスタートアップがオフィスを構える、ベルリンの「Torstrasse」という地域。
 
ここがベルリンのシリコンバレー、”Sillicon Allee”と呼ばれる場所ですが、実はこの地域には起業家が打合せや社交のために使用する、居心地の良いカフェが密集しているそうです
 
仕事でクリエイティビティーを発揮するための必須アイテム、「質の高いコーヒーと空間」が既に整備されているベルリン。

「クリエイティビティーに欠かせない基盤」が既に整っているこの街は、シリコンバレー以上に自由なイノベーションが生まれる可能性を秘めているのかもしれません。

 
打倒YouTube!超えろInstagram!ベルリン発のSNSが世界を変える

Sound Cloud

(Photo by PCMusic)

(Photo by PCMusic)


最も成功しているベルリンのスタートアップ。
TwitterとYouTubeを掛け合わせたような音楽共有サービスを提供しています。

世界中のアーティストからアマチュアまで、誰もが自身の音源をアップロードでき、お気に入りのアーティストをFollowすることが可能です。

Sound Cloudのスゴい点は、単なる「音楽をを共有する場」に留まらず「コラボレーションの場」として進化し続けているところ。

こちらの記事によると、スヌープドックはSound Cloud上で見つけた、イザ・ラフというポーランド人アーティストに魅了され、ポーランドまで飛行機でひとっ飛び。現地で100曲近くの曲をレコーディングしたそうです。

また、世界の歌姫Beyonceも、Sound Cloud上で見つけたアーティストに楽曲提供をしてもらっているとのこと

 

EyeEm


インスタグラムの進化形 写真共有SNS『EyeEm』。

インスタグラムよりも高度な写真加工が可能。自分が写真を撮影した場所や選択したカテゴリーによって他のユーザーと繋がることができる。

今年春には、ゲッティイメージズとのパートナー契約を結び、EyeEmのユーザーがアップロードした写真は、実際に販売されるようになったそうです

 
ベルリンは、3年以内にシリコンバレーの地位を奪う

(Photo by  Thomas Hawk)

(Photo by Thomas Hawk)

自由を求めるアーティストや活動家、更には多様な移民によって、「独自のクリエイティブ文化」を育んできたベルリン。

シリコンバレーを「ビジネス思考イノベーションが起きる場所」であるとすると、他業種を行き来し、より自由な発想が繰り広げられるベルリンは、「アーティスト思考イノベーションが起きる場所」と言えるのかもしれません。

そんな今後の動向が気になるベルリンのスタートアップ。実は、今から2年後の2017年に世界的な有名企業へと成長する可能性を秘めています。

ドクメンタ(documenta)』と呼ばれる世界最大のモダンアートフェスティバル。5年に一度、ドイツのカッセルで開催されるこのイベントには、世界各国のアーティストやクリエイターが押し寄せます。

(Photo by  Naniel)

(Photo by Naniel)

2年後のドクメンタに合わせて、街に独自のアートカルチャーが根付くベルリンから誕生した「斬新なスタートアップ」が、私たちの思いもつかなかった新サービスを発表してくれるのかもしれません。

 
 
Be inspired!
 
 

14650939164_3662ae106c_z
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします


2 Responses

  1. 2015年2月22日

    […] イノベーションを起こす街となったベルリン。クリエイティブシティとアート、コーヒーの関係。 【革命が生まれる場所】20分毎に新しい会社が誕生する街 – Be inspired!. […]

  2. 2015年3月9日

    […] そんなことを思いつつ、最近、面白い記事を読みました。 […]