#6「SEXが大好きだからイジメられた」。話しづらいことをネットで赤裸々に語る女性たちが社会に訴えたいこと| GOOD ART GALLERY


悩みやコンプレックスは誰にでもある。一番仲良い友達にも恥ずかしくて言いづらい…そんなことがあるはず。でも、もしそれをオープンに話せたら、同じような思いをしている人が他にもいて、「あぁ、なんだ。私一人じゃなかったんだ」と気持ちが楽になるかもしれない。根本的な悩みは解決しなくても、解決への一歩を踏み出せるかもしれない。

width=“100%"

 オーストラリア出身のフォトグラファーで現在NYを拠点にしているSophie Hur(ソフィー・ハー)のプロジェクト、『Women in Conversation(会話のなかの女性)』。同プロジェクトではソフィーが同世代の女の子たちを取り巻く社会問題を、彼女たちとの会話のなかで明らかにしていく。

 高校のときにフェイスブック上で公に「デブすぎだろ」と言われ摂食障害を患った子、セックスが純粋に好きなせいで「尻軽女」と虐められた子、自分の見た目に自信が持てなくてうつ病を抱える子…。痛いほどに正直で、でもとってもパワフルな女の子たちのストーリーを知ることで救われる女の子たちは少なくないはず。今回、若い社会派アーティストを紹介するBe inspired!の連載「GOOD ART GALLERY」でソフィーに『Women in Conversation』について、そして社会のなかのアートの役割について聞いてみた。

width="100%"
Sophie Hur(ソフィー・ハー)

ーあなたは誰?

私の名前はソフィー。オーストラリアのブリスベン出身で、18歳の誕生日のすぐ後にニューヨークに移り住んだ。とっても変な子。

ーどんなアートを作っているの?

自分にとって楽しいと思うものを作ってる。ずっと続けているプロジェクトはWomen In Conversationといって、尊敬する女性たちに誰もが共感できるようなトピックでインタビューするシリーズ。とってもシンプルなプロジェクトだけど、いろいろなことを学べるからすごく楽しいの。

width="100%"
Kayla: A conversation about body positivity
学校の同級生にフェイスブックで「デブすぎ」と写真にコメントされたことがきっかけで摂食障害を患った経験のある彼女が「ボディ・ポジティビティ」について話す。

ーアートを始めた理由は?

私に選択肢はなかった。心が望むものに従ってるだけ。演劇にしろ、フォトグラフィーにしろ絵にしろ、話すことにしろ、私のなかから自然と出てくるもの。

ーアートを通してどんなことを世界に伝えたい?

Woman In Conversationを読んで共感できることを見つけてもらえれば嬉しい。何かを“伝えたい”ってつもりはなくて、自分にとって重要なものを作って、人がそれに対してどう思うか聞きたいの。別に何も感じないならそれでもいいの。それは個人の自由だから。

width="100%"
Samantha: A conversation about individuality
学校で“チャラい”と勝手にイメージをつけられたり、個性的なファッションのせいで変な目で見られてきたりした彼女が他人の目をきにせず「自分らしくいることの大切さ」を話す。

ー社会のなかのアートの役割ってなんだと思う?

アートの役割は自分の周りの人をインスパイアーすること。その人が変わるきっかけになるかもしれないし、アートが気付かさせてくれる問題に似たようなことについて考えるきっかけになるかもしれない。自分でアートを作りはじめるようになるってこともある。こう思うのは、自分がアートからインスピレーションをもらってるから。みんなもそうなんじゃないかなって思う。

ーアーティストになっていなかったら何をしていたと思う?

1年間オーストラリアのブリスベンで建築の勉強をしてた。それからニューヨークで演技の勉強をした。思いつきで建築の勉強したけど、続けてたとしても建築家にはなってなかっただろうな。本当は役者か獣医さんになりたかったの。自分でもフォトグラファーになるとは実は思ってなかった。お兄ちゃんが獣医だし、小さい頃はそれが自分の将来だと思ってたんだ。ニューヨークに来てなかったら今頃は獣医だろうけど、それが自分にとって正解だったとは思えない。さっきも心に望むものに従ってるだけって言ったけど、どんな道をたどっても最終的にはアートにたどり着いていたと思う。

width="100%"
Jordan: A conversation about sexual liberation
「セックス大好き!」と公言する彼女が女性が性にオープンでいることの重要性を語る。

ー同世代の子に今一番伝えたいことは?

楽しんで、一生懸命働いて、大きな夢を持って笑っていよう。前に進み続けなきゃいけないから。

ーあなたの人生のモットーは?

楽しむけど、一生懸命働く。
 
 誰にも迷惑をかけてないのに、どうして体が細くないと「デブ」と悪いことのように罵られなきゃいけないのか、自然なことのはずなのに女の子がセックスが好きだとなぜ「尻軽」と罵倒されなきゃいけないのか、問題は細くないことでもなくセックスが好きなことでもなく、彼女たちを罵倒する人々=社会なのではないかと『Women In Conversation』のインタビューを読むと思わずにはいられない。

 同世代の女の子の、同世代の女の子たちとの会話から見えてくる悩みから分かる社会問題。非常に個人的な話をオープンにネットで発信する意義は問題を可視化させることにあると言えるのではないだろうか。個人の気持ちも楽になるし、問題は個人ではなく社会だった、なんてことも話しているなかで分かってくることがあるかもしれない。

***

Sophie Hur(ソフィー・ハー)

width=“100%"

Website:https://sophiehur.com/
Instagram:@sophiehur

All photos by Sophie Hur
Text by Noemi Minami
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
#5「トランプとナチスはくたばれ」。“リアルな人間の感情”をイラストで表現するアーティストの社会への怒り  | GOOD ART GALLERY
あなたがちょうど今感じていることは、どんなことだろう? 「早く起きられたから嬉しい」「でもどうして電車が遅れているの?ムカつく」「せっかく早く起きられたのに悔しい」「今度...

 
2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします