「コンドームを常備することはクール」。友達に教えたくなるセクシュアル・アメニティを提案する女性CEO


 

知っているようで知らない、セックスのこと。

日本社会にはあまりセックスについて話す風潮がなく、いいことも、悩みも、自分の内に留めておく人は少なくないのかもしれない。

そんななか、「セックスについて真面目に、そしてオープンに話す」という信念を持つセクシュアル・アメニティのブランド『bda ORGANIC』が誕生した。

今回Be inspired! は2017年12月1日、世界エイズデーを皮切りにUNITED ARROWSやトランクホテルでセクシュアル・アメニティの販売を開始するこの『bda ORGANIC』のCEO鈴木 美樹氏に、ブランド設立の経緯や展望、そして“セックスについて真面目に、そしてオープンに話す”とはどういうことなのか話をうかがった。

width=“100%"
(株)スパイス・アンリミテッド、bda ORGANICのCEO鈴木 美樹氏

ブランド立ち上げのきっかけは産婦人科の先生のある言葉。

 bda ORGANICの「bda」とはセックスの、その前(before)、その時(during)、その後(after)の頭文字からきている。マウスウォッシュなどのセックス前に必要なもの、ローションなどその時に必要なもの、そしてその後につけられるケアバームなどのセクシュアル・アメニティを販売している。製造は、オーガニック製品で有名な「たかくら新産業」で、水と塩をのぞいた原料の95%がオーガニック。舐めたり飲み込んだりしても安全な「食品グレード」だ。世界で最も厳しいオーガニック認定機関のひとつであるACO(Australian Certified Organic)の認定を、セクシュアル・アメニティとしては日本で初めて取得した。

width=“100%"
Photo via bda ORGANIC

 「実は、産婦人科の先生のある言葉から始まってるんです」。ブランドの立ち上げの経緯を聞くと、鈴木氏はそう言った。

 オープンに話されることはないものの、セックスに関する悩みは人々のなかに存在する。例えば、近頃産婦人科に来る人のなかで多いのが更年期を過ぎたぐらいの女性たちだそうだ。更年期を過ぎると膣が濡れにくくなるため、セックスの際に傷を負うことがある。医師に言わせると、セックスローションがあれば簡単に解決できる問題であるにもかかわらず、既存のものは成分などの面で安全を約束できるものがなく、勧められなかったそうだ。セクシュアル・アメニティは身体のなかでも最もデリケートな部分の粘膜に直接使うプロダクトであるため、必然的にクオリティの高さが求められる。

 そこで、たかくら新産業に相談がきて、企画を鈴木氏が代表を務めるスパイス・アンリミテッドが行い、共同プロジェクトとして『bda ORGANIC』が始動した。彼女がまず行なったのが徹底したリサーチ。年齢、性別、セクシュアリティを問わずさまざまな個人にセックスの話を聞いた。蓋をあけてみると、更年期を過ぎた女性をはじめ、セックスローションを日常的に使うゲイのカップル、レズビアンのカップル、出産直後の女性、仕事が忙しくてストレスのせいで濡れにくくなっている若い女性たち、そして当然ながらそのパートナーの男性たちと、すべての人が安全なローションを必要としていることがわかった。

width=“100%"

 また、セックスに関するプロダクトを作るときに、必ず出てくるのが「セクシュアル・ヘルスの問題」。セクシュアル・ヘルスとは、セックスやそれに向けての欲求・行動だけでなく、“性と生”に関わる健康を包括したもの。生殖器の健康・性感染症やそれへの不安はないか、また妊娠出産にまつわる心身の健康など、身体と心の健康をさす。鈴木氏はリサーチを重ねるうえで日本で増加している性感染症の存在を知り、セクシュアル・アメニティを扱うブランドとしてこの問題と向き合う責任を感じたそうだ。

やっぱりセックスと一緒に、性感染症っていう問題は必ず話に出てくるんです。HIVの話も出ますが、今は梅毒の感染者が日本ですごく増えている。先進国のなかで梅毒なんかが増えているのは日本ぐらいと言われているんですね。それはコンドームを使うセックスをしていないから。他にも子宮頸がんってあるじゃないですか。あれってよく予防注射がどうのって聞きますよね。でも子宮頸がんになる原因はセックスなんです。しかも男性がきちっと自分の性器を洗わないと、そこから菌が入ってきて女性が癌になることがある*1。癌ですよ?私はそういうことをbda ORGANICためにリサーチし始めるまで知らなかったんですね。もしかしたら皆さんも知らないかもしれない。

やっぱりそう考えるとセクシュアル・ヘルスについて、真面目にきちっと伝えていかないといけないと思いました。ただセックスローション作りました、ただオーガニックで安全です、だからそれを使ってください、だけでは私たちはダメだなと。セックスにまつわること、感染症にかからないセックス、あと性の病気にならないケアの方法、そういうこともプロダクトと一緒に届けていきたいということで「安心安全」という言葉を使っています。「オーガニックの安心安全」とそれから「セクシュアル・ヘルスの安心安全」、両方がセットになったブランドを作っていきたいです。

(*1)子宮頸がんの原因となる悪性型のヒトパピローマウイルスはありふれたウイルスではありますが、性器や手指など性交渉で持続感染することでがん化します。しかも感染している実感はないものなので、男性も女性もセックスの前には手指ふくめ綺麗にする必要があります。

 bda ORGANICは12月1日の優先販売開始と同時に、「セクシュアル・ヘルス次世代基金」を立ち上げる。セクシュアル・ヘルスに関する活動をしている団体を公募し、プレゼンテーションを審査したうえ、選ばれた団体にbda ORGANICの売上の一部を基金から助成するそうだ。

思わず友達に自慢したくなるような、おしゃれなセクシュアル・アメニティ。

width=“100%"

 日本人がもっとオープンにセックスについて話すべき理由、それはやはり「安全のため」と鈴木氏は話す。

bda ORGANICのプロダクトになんでマウスウォッシュがあるかというと、歯みがきをしたときに口の中が傷ついてしまい感染症にかかるリスクが上がるからなんです。でも代わりにマウスウォッシュでケアすれば安全。そういう話ってたとえばアメリカの性教育とかでは言われるんですよ。でも日本では教わらないじゃないですか。友達にも言われない、学校にも言われない、親にも教えてもらえなかったら、歯みがきしちゃいますよね。でも知っていれば、「そっか感染症のリスクがあるなら歯みがきはやめておこう」って思うじゃないですか。これは安全ですよね。

 話すだけでいい、簡単なことなのだ。セックスをする前に歯みがきからマウスウォッシュに替えるのは難しいことではない。それを聞いた日の夜からできることだろう。知っているか、知らないか、それだけの問題で性感染症のリスクが変わってくる。

 だからbda ORGANICはオープンに手にとって、それについてまわりの人に話したくなるようなプロダクトにしようとデザインに力をいれた。そして売り場も、従来のコンドームが置いてあるような量販店ではなくユナイテッドアローズやトランクホテルのような常に新しい価値観やライフスタイルを提案している場所を選んだのだ。bda ORGANICはセクシュアル・アメニティを“おしゃれなもの”へと生まれ変わらせる。

人ってやっぱりおしゃれだったり、見た目が綺麗だったり、スタイルを感じるものだったりにすごく左右されるものですよね。私たちはセックスまわりの商品あるがゆえに一般的にひっそりと売られているところには置きたくないなと思いました。ファッションの一環というわけではないんですが、スタイルが確立されている場所に置きたいと。感度の高い人が集まる場所に置いてあればみなさんに手にとっていただいたりとか、これがおしゃれなものだっていう認識に変わったりするじゃないですか。

 コンドームを持ち歩かない若者、セックスローションなどが日本で普及していない理由もここにあるのかもしれない。

五感のなかでも見た目ってってやっぱり本当に大切なんです。実はみなさんにお話を聞いていくなかで、セックスローションが部屋に置いてあると、自己嫌悪に陥るとか、お客さんが来たときに隠さなきゃって思ったりする人が多いということがわかったんですね。だから、クールなデザインにした。あと、お話を聞いたお医者様が昔は男性がコンドームを持ち歩いてたけど、最近の男性はコンドームを持ち歩いていない、「僕たちの時代はお財布に入れて持ってたけどね」ってお話をしてて。でもそれは先生が若い頃はコンドームを持っているってことが大人な感じでかっこいいっていうのがあったから、みんなお財布に入れてた。使わなくても(笑)そのため、持っているから恥ずかしい思いをするのではなくて、持っているからかっこいいって思ってもらえるようアイテムを作っていきたいなと。

オリンピックに向けてセックスへの意識を変えなければならない日本

width=“100%"

 安全のためのセクシュアル・アメニティ、日本にも絶対に必要だろう。でもどうして今のタイミングでこのブランドの立ち上げに踏み切ったのかと聞くと、「オリンピック」の話が出た。

2020年にオリンピックがきますね。そうすると外国の方がいっぱいいらっしゃると思うんです。そうなるとやっぱりセックスっていうのはいくら国内ではタブー的な扱いでも、そんなことを言ってられない。普通にbda ORGANICのプロダクトのようなものが必要になってくるでしょうし。たぶん2020年前には日本も、もっとインターナショナルになるんじゃないかなと予想しています。そう考えると今の日本のセックスへの奥手の感じというのはもう1歩、いやもう2歩3歩前に出てもいいのかなと思います。私たちは全面的に発売するのが2018年なので、そこから計算してもオリンピックまで2年ですよね。やっぱり日本人のセックスに対する新常識を広めるのであれば、今だなと。そろそろセックスについて真面目に前向きに考え始めてもいいと思いました。ちょっと遅いぐらいかも。

 外国の人にも目を向けているから、bda ORGANICの商品は全てのアイテムに、グリーンティエキス、グリーンティの実から取れる、チャ実油などグリーンティ(抹茶)に関わる成分が配合されていて、「日本らしさ」も売りにしている。また、とてもきめ細やかに作られたプロダクトからも日本人の真面目さを感じられるかもしれない。日本のアダルトビデオ産業は世界でもよく知られていて、 “hentai(ヘンタイ)”という英単語ができているくらい偏ったイメージが定着している。bda ORGANICはそのイメージを覆すポテンシャルも持っている。

セックスに対してこういう日本もあるっていうことを世界にも発信していきたいです。

width=“100%"

 今回鈴木氏にお話をうかがうまで、筆者も知らなかったことや、考えたことがなかった「セックスのこと」があった。おしゃれな場所で売られるbda ORGANICのプロダクトを手にとって、同じような会話が手にとった人とそのまわりの人の間で生まれれば、少しずつもっと安全な日本が築けるかもしれない。「セックスについて真面目に、そしてオープンに話す」ことの大切さを知るのは、私たちの一人ひとりの身体と心の健康につながるのだ。

***
bda ORGANIC
WebsiteFacebookInstagram

width=“100%"

■展開先に関して

12/1からの先行販売店舗は以下です
UNITED ARROWS 全店舗*一部店舗を除く(ジェリーローションセットとキャンドルは全店展開 / フルラインナップが揃うのは主要店舗)
TRUNK (HOTEL)
丸の内の森 レディースクリニック
Amazon
たかくら新産業オンラインストア
http://www.takakura.co.jp

■問い合わせ先

製品に関する問い合わせ先
スパイス・アンリミテッド
0120-828-290
https://www.bdaorganic.jp

All photos by Misa Kusakabe unless otherwise stated.
Text by Noemi Minami
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
カリスマ女性起業家シンディ・ギャロップが仕掛ける、日本人が知るべき「一切、演技なし」のセックス動画サイト。
ある一人の女性がポルノ界に旋風を巻き起こした。彼女の名前は、シンディー・ギャロップ。大企業を相手にするビジネスコンサルタントであり、バリバリのキャリアウーマンだ。そんな彼女が「...

 
Untitled design
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします