アートを通じ、障がい者と共に社会を築く。一人の女性が“移動式ミュージアム”を始めた理由。


場所を固定せず、アーティストや作品も変わる小さな移動式の屋外ミュージアムの存在を知っているだろうか。このユニークなミュージアムは障がいをもつアーティストたちの作品を取り上げながら全国で行われている。場所やその時のアーティストにより、全く異なった印象を与えるミュージアムである。

移動式ミュージアム「WONDER MUSEUM」

width=“100%"

 この小さな移動式の屋外ミュージアムはWONDER MUSEUMといい、障がいをもつアーティストが芸術活動を通じて、社会とつながりを持ち、居場所を見つけて暮らしていけるような環境づくりをすることを目的としている。この活動によって、アーティストたちは社会参加をし、活躍できる機会を増やせる。今回のイベントで作品を展示するアーティストのANNAさんもその一人だ。彼女は伝統的な美術文化の影響や美術教育を受けずに自発的に作品を作り出す。ANNAさんは現在、(一般社団法人)障がい者自立推進機構が運営する「パラリンアート」というアート事業団体に所属し、「パラリンアートアーティスト」として活躍している。

width="100%"
アーティスト ANNAさん

 ANNAさんは幼少期から絵を描き始め、その作品たちは色鉛筆を使った色鮮やかな色彩で表現されている。彼女にとって絵を描く事は言葉に上手く出来ない思いを表現する1つの方法。また、作品を通して社会性を養い他者との関係を広げることにも繋がっていると彼女の家族も感じている。さらに、イベントを開催することは彼女の作品製作への意欲を高めるスイッチにもなった。自由に表現できる場をつくり、絵を通じて多くの人と関わりを持つことが彼女の社会のなかでの居場所となっているのかもしれない。

「WONDER MUSEUM」のきっかけ

width="100%"
奥山英里子さん

 発起人である奥山英里子さんがこの活動を始めたきっかけは、仕事やボランティアで障がい者が抱える生きづらさや問題に直面したことである。また空間演出デザインを学んでいたこともあり、大学の卒業制作としてWONDER MUSEUMの前身である移動式ミュージアム「Mobile Museum Idoh」に取り組み始めた。

 彼女が考える社会の障がいに対する問題点とは 、障がい者が抱える問題への理解不足や社会によって彼らの活動が制限されていることだ。日常生活におけるコミュニティでの偏見や理解不足は障がい者と一般社会との距離を縮まらないものにしてしまう。また、得意なことや好きなことを選択肢の少なさによって仕事や勉強にうまくつなげられず、彼らが生き生きと活躍できる場所が多くない。さらに、障がい者の仕事の選択肢の狭さなどから、自立できるほど十分な賃金がもらえなかったりする。これらの現状を変えるため、障がいを持つアーティストたちの活動のサポートをしている。また、「パラリンアート」のプロモーション担当としても活動している。

 日本の社会では障がいがどういうものなのかなどを知る機会が多いとは言えず、健常者と障がい者が共存できているとは言い難い。北欧デンマークでは障がい者と健常者が共に暮らし学ぶ最先端の福祉思想をもった全寮制学校(エグモントホイスコーレン)が存在する。奥山さんはこの学校を訪問し、そこで尊厳・自律・連帯が日常にあり、障がいがあるかないかに基準を置かない生活と価値観を目にした。そこで学んだことを生かし奥山さんは身体、知的、精神に障がいがあることで不自由な点はたくさんあっても、得意なことや秀でた才能や特技などアイデンティティを尊重した対等な付き合いができ、人の痛みや苦労がわかり互いに助け合える人間関係をつくり、そんな価値観を広げようと活動している。 WONDER MUSEUMはそのための場所である。

アーティストだけではなくて誰もが楽しい

width=“100%"

 WONDER MUSEUMがあえて屋外で開催される理由は多くの人に目にとめてもらうためだ。あらゆる地域であらゆる人々が足を止めて立ち寄り、多くの人が繋がれる場所づくりをしている。現状を変えるためには、まずは多くの人を巻き込んだ直接的なコミュニケーションがとれる機会を増やすことが必須となるだろう。青空のもとで誰もがカジュアルにコミュニケーションをとれることで、障がいに対する理解不足は少しずつ解消され、きっと素敵な社会がつくられる。

 現在WONDER MUSEUMは「たった一日のちいさな森の美術館」を実現するため、クラウドファンディングによる資金集めを行なっている。この活動を応援したい方はこちら

 

width=“100%"

[イベント概要]
たった一日のちいさな森の美術館」in 下北沢ケージ
開催日:2017年10月1日(日)
時間:11:30am-16:30pm
入館料 : 無料
アクセス:下北沢ケージ
東京都世田谷区北沢2-6-2 京王井の頭線高架下
京王井の頭線・小田急線下北沢駅徒歩3分
主催:奥山英里子

 
Text by Shizuka Kimura
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
「障がいは個性」。発達障がいを抱える栗原類にきいた、日本社会が変えるべき“障がい者への誤った認識”。
ニューヨークで1851年に創業し、165年以上の歴史をもつスキンケアブランド、キールズ。「利益を得るためだけではなく、住民や企業、そして地域社会をより良くするために貢献すること...

 
Untitled design (10)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします