106歳のオーストラリア原住民が描いて伝える知恵と文化。


オーストラリア大陸と周辺島嶼の先住民、アボリジニ。彼らはダンスや楽器、アートなど独自の豊かな芸術文化で知られている。

オーストラリアの最北エリアキンバリーのニキナ地方には106歳の「ご長寿アボリジニ伝統ペインター」が存在する。

COURTESY OF MOSSENSON GALLERIES

COURTESY OF MOSSENSON GALLERIES

年齢なんて関係ない!100歳越えのアボリジニ伝統画家!

 アボリジニの独自のアートを極めたご長寿ペインターとはローンコーナン(Loongkoonan)氏。西洋医学を一切受け入れず、ニキナ地方の伝統的な薬草を使い、古くから伝わる文化や知恵に沿って生きてきた彼女。実は、95歳の時にアボリジニ伝統ペイントを描き始めたという。そして約10年経った今、ワシントンの在米オーストラリア大使館で個展をするほどのインターナショナルなアーティストとなった。

http://beinspiredglobal.com/wp-content/uploads/2017/03/Screenshot-2017-03-07-15.31.31.png

COURTESY OF MOSSENSON GALLERIES

 アボリジニの伝統的なペイントは、元をたどると壁画だが、欧米人が入植した時に絵の具を持ち込んだのが今の絵画のスタイルの起源となったと言われている。

 「文字」を持たない文化のアボリジニは、絵画の中の一つ一つ意味をもつシンボルで文化や知恵を後世に継承していく。ただ美しいだけではなく、生きていく知恵がそこに記されているというわけだ。

 「生けるアボリジニの文化財」と言っても過言ではない106歳のローンコーナン氏は、文化や知恵を次の世代へ残すために、ニキナ地方の彼女が生まれ育った地や、そこで採れる薬草や食べ物、湧き水の見つけ方などを描き続けているのだ。

チャレンジは何歳になってもできる。

COURTESY OF MOSSENSON GALLERIES

COURTESY OF MOSSENSON GALLERIES

 ここ約10年で彼女の絵画の才能が、彼女の「伝えたい」想いとリンクし花開いた。95歳にして新しいことにチャレンジする精神、フットワークの軽さ、衰えない情熱…。彼女の存在は私たちに夢を与えてくれる。その姿は正直で、かっこいい。なによりもこんな風に歳をとりたいと思わせてくれる。

 106歳の今でも彼女は時々森へ行き、若い世代に指導をしながら狩りをしたり、釣りをしたりして、自然の恵みを受けながら伝統的に暮らす知恵を伝授しているという。

 「本当に病気になった時まで絵を描くことを続ける」と語る彼女。(参照元:mysinchew) 106歳になった今も情熱を持って、死ぬまで何かを表現しようとするその精神。ローンコーナン氏の生き様は民族を超えて、私たち日本人にも多大なインスピレーションを与えてくれる。

Text by バンベニ 桃
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
オバマも支援。大企業による開発という名の「侵略」と4ヶ月間も戦い続けたある先住民に起きた奇跡。
アメリカ ノースダコタ州で先住民スタンディングロック・スー族の保留地の水源が汚染されるという理由から、抗議デモが続いていた石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」の建...

 

Screenshot 2017-03-07 15.29.55
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします