オンラインで観られる、「無駄に奪われる海の命」を1分間で表現したアート作品


月明かりの下、静かな海辺で舞う二人の女性。彼女たちは徐々に漁網に動きを奪われ、最後は息を引き取ってしまう。

width="100%"
©️Yusuke Oikawa / Greenpeace

 世界規模の環境問題に取り組む国際環境NGOグリーンピース・ジャパンが8月27日に発表したアート作品『混獲 -Bycatch-』の物語である。

 漁網に動きを奪われる二人の女性が象徴するのは、捕獲されるウミドリ。この作品は、ウミドリ、ウミガメ、海洋哺乳類を含む、対象とする魚種以外の生きものが一緒に捕獲されてしまう漁業の「混獲(こんかく)」への問題提起だった。

 少なくとも年間16万羽のウミドリがはえ縄の釣り針についたエサを食べようとするなどして混獲の犠牲となり、何万匹ものウミガメが命を落としている。命を無意味に奪うこの「混獲」を正当化できる者はいないであろう。

width="100%"
©️Yusuke Oikawa / Greenpeace

 映像演出を担当したのは、ハリーポッターのシアタープロダクション製作チーム等に参加した経験を持つタニクミコ氏。現在では環境問題に興味をもち、リサイクル可能な材料を使用してアップサイクルした衣装を制作し、イギリスやドイツで行われるファッションウィーク・サステナブル部門で発表を続ける世界的コスチュームデザイナーである。二人のダンサーが身にまとう実際の漁で使用された網を使った「漁網ドレス」のデザインも彼女が手がけた。

 映像ディレクターは、サザンオールスターズの『闘う戦士たちに愛を込めて』のアニメーションMVなど、インパクトの強い作風で知られる大月壮(おおつきそう)氏。

 そして、パフォーマンスを行ったのは、世界的に活動している日本人とイギリス人の2人のダンサー、小佐野智美(こさのともみ)氏にアシュリング・クック氏と、国際的に活躍するトップクリエーターたちの集大成が今作である。

 また、九十九里浜で満月の明かりの下決行された撮影のメイキング映像を手がけたのは、スケーター界を代表するフィルムメイカー田中秀典(たなかひでのり)氏。近日中の完成、公開となるこちらの映像にも期待が膨らむ。

width="100%"
© Hidenori Tanaka / Greenpeace

 漁業の問題とアートと聞くと、かなりかけ離れているように思えるが、今回グリーンピース・ジャパンが問題提起の手法としてアートを選んだのは、環境団体の典型的なアプローチを見直すためだった。

これまで、グリーンピースも含めてほとんどの環境団体が、伝えたい!という思いのあまり、難しい言葉や数字を詰め込んで環境問題についてコミュニケーションしてきたように思います。ですが今回はアートという入り口から、「おもしろそう」「何だろう」と思って作品に触れてもらうことで、見てくれる人にとって環境問題が身近になればと考えました。

 実力派のクリエーターが集まり、環境問題うんぬん以前に作品として楽しめる今作だからこそ、その裏にあるテーマに興味を持つ人は増えるかもしれない。

width="100%"
©️Yusuke Oikawa / Greenpeace

width="100%"
©️Yusuke Oikawa / Greenpeace

今回の作品のテーマである過剰漁業はもちろん、気候変動やプラスチック汚染など私たちがいま抱えている深刻な環境問題はどれも、誰か一人の力で解決できるものではなくて、みんなが考えて動いたり、みんなの力で、影響力のある企業や政府を動かしたりしなければ解決できないものです。

 スーパーや魚屋に並ぶ魚を買おうとするときにその背景にある漁業について思いを巡らせることはなかなかないだろう。しかし、『混獲 -Bycatch-』というアート作品が心に残ったならば、SNSを使って混獲への反対を表明したり、グリーンピース・ジャパンに詳しく話を聞いてみて何ができるのか考えたりと、個人でも行動に移せるはず。

 業界が変革するなどトップダウンで変わるのならばそれにこしたことはないが、そうもいかないのであれば個人が地道に行動していくことが重要となる。そしてその個人が増えればマスとなる。無駄に命を奪われていく生物たちの未来は、私たち一人ひとりの意識の変化で変えられるかもしれない。

「混獲 -Bycatch-」

※動画が見られない方はこちら

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 
「混獲 -Bycatch-」

WebsiteYoutube

さまざまなリサイクル素材を使ってドレスを生み出す、ロンドン在住の日本人コスチュームデザイナータニクミコ氏が、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンと初コラボレーション。リサイクル漁網のドレスをまとった2人のダンサーが、漁網に翻弄される海の生きものの苦しみを芸術的に表現する。

width=“100%"

▶︎オススメ記事

16店目:「日本人の魚の食べ方には偏りがある」。食べても地球を傷つけない、千歳烏山のサステナブルシーフードレストラン、BLUE。| フーディーなBi編集部オススメ『TOKYO GOOD FOOD』

「カメの鼻にストロー」。誰も反論できない、ストローがこの世からなくなるべき理由。

All photos via 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
Text by Noemi Minami
ーBe inspired!

 

Untitled design (4)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします