10作目:“性別”の枠を超えた愛とは。二度と訪れない、二人の青年の一夏を描く『君の名前で僕を呼んで』| GOOD CINEMA PICKS


ただ好きな人の寝息を聴きながら小さく揺れるまつげを眺める何の変哲もないどこにでもあるような朝、午後の気まぐれな日差しでいつもとは違う色を見せてくれる庭の木々、優しい月明かりの下を鼻歌を歌いながら歩く帰り道。

自分の目に映る世界、耳から聴こえてくる音、肌に伝わる温度、今というその瞬間の全てを、自分だけのものにしてしまいたい、そう思ったことはないだろうか。

そんなとき、心の後ろ側を引っ張られるような、どことなく切なくて、でもどうしようもなく愛おしい、よくわからない気持ちでいっぱいになる。きっとこの気持ちを一言で表すとしたら、「恋」と呼ぶのだろう。

社会派の映画を紹介する『GOOD CINEMA PICKS』では今回、人間が愛するということ、何かを感じるということについて考えさせてくれる、北イタリアの小さな田舎町を舞台に描かれた、二人の青年のどこまでも切なく限りなく美しい恋の物語『君の名前で僕を呼んで』を ピックした。

width="100%"

どんな恋でもそれは素晴らしく、尊いもの。

 1983年、北イタリアの小さな街。美しい街並みと豊かな自然のなかで、エリオは17歳の夏を家族とともに過ごしていた。本を読んだり、ピアノを弾いたり、女の子と遊んだり、いつもと変わらない毎日に、大学教授をしている父の教え子である24歳の大学院生オリヴァーがやってくる。なぜか、オリヴァーに意地悪ばかりしてしまうエリオだが、自分のなかにある気持ちに正直になり、二人は一夜をともにする。

width=“100%"

 そのシーンの他にもこの作品には、様々なセックスシーンがある。オリヴァー、ガールフレンドであるマルシア、庭の木になっている桃の実、彼のエネルギーはさまざまな対象に向けられることになる。しかし、それは自然なことであり恥じるべきことではないとこの映画は教えてくれる。そのなかでもエリオは同性であるオリヴァーを愛した。二人の間に流れる時間は、とても美しく尊いものであった。夏が終わり、オリヴァーと別れたエリオは、オリヴァーとの恋をこう振り返った。「それは彼だったから、それは私だったから」この言葉は、フランスの哲学者であるモンテーニュが、友情について残した言葉である。人が誰かを好きになるのに、理由なんていらない。それが異性でも同性でも、その人がその人だから好きになるのだ。こんな簡単なことを私たちはすぐに忘れてしまうのだ。

すべての感情を捨てないで。

 「何ひとつ忘れない」これはオリヴァーがエリオに言った最後の言葉だ。この映画のもう一つのテーマは、この一言に集約されているのだろう。その夏、二人の間に流れた時間は、もう二度と訪れる事はない。何をとっても美しくずっと心に残しておきたくなるような映像は、グァダニーノ監督の住むクレマという街で撮影された。俳優たちは、その地に滞在するなかで、ゆっくりと流れるクレマの時間や、その地の人々の優しい生活に、少しずつ同化していった。この映画の、甘く気だるい空気は、クレマの持つ魅力そのものなのだろう。

width=“100%"

 また、原作は過去の思い出を振り返るスタイルで描かれている一方、この作品は、ストーリーが現在進行形で進んでいく。スクリーンの前に座る観客は、二度と戻らない瞬間を、その瞬間にしか感じることのできない感情を抱きながら生きているエリオやオリヴァーたちの世界に、スクリーンを通して入り込んでしまうのだ。オリヴァーとの別れに悲しむエリオに父パールマンは、「痛みを葬るな。感じた喜びも忘れずに」と声をかける。エリオとオリヴァーのすごした1983年の夏はもう二度と来ない。その夏に感じた悲しみも喜びも、同じ感情はもう感じることはできないのだ。しかし、その感情を、心にしまうことはできる。数えきれないほどの感情を重ねながら、私たちは少しずつゆっくりと大人になればいいのだ。

width=“100%"

 この映画に描かれているのは、同性愛の物語ではない。エリオは、同性を愛してしまったからではなく、ただ愛することを知ってしまったから苦しむのだ。同性愛(ホモセクシュアル)、両性愛(バイセクシュアル)全体愛(パンセクシュアル)などの言葉が注目を集めているが、平等が実現された理想的な社会では、カテゴリーわけをする必要はないのではないか。ただ人が何かを、誰かを愛するという気持ちはどれも変わらない。エリオとオリヴァーは人を愛するということがどれだけ美しく、どれだけ尊いのかを教えてくれ、そして忘れてしまった何かに対してどうしようもなく愛しい感情を思い出させてくれる。世界中が、スクリーンの中の二人の1983年の夏に、恋に落ちてしまうのだろう。

予告編

※動画が見られない方はこちら

「君の名前で僕を呼んで」

WebsiteFacebookTwitter

4月27日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテ、BUNNKAMURAル・シネマ他 全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
©Frenesy, La Cinefacture

width=“100%"

▶︎これまでのGOOD CINEMA PICS

9作目:「エイズ問題」を見て見ぬふりをする政府や、製薬会社に抗議する若者を生々しくエモーショナルに描いた映画『BPM ビート・パー・ミニット』

8作目:摂食障害、セクシュアリティ、鬱。ティーンエイジャーの友情と葛藤をパンクに描いた映画『チーム・ハリケーン』

7作目:偽善的な世の中に波紋を起こす。「命を奪うことを楽しむ人間」の姿を非批判的に描いた映画『サファリ』

▶︎オススメ記事

「なんで複数の人と恋人関係になっちゃいけないの?」28歳の彼女が“社会の理不尽な恋愛ルール”に物申す。

そのペニスは生きている?死んでいる?「見た目主義」な社会の体に対するイメージをひっくり返すアーティスト

Text by Foo Shoji
ーBe inspired!

 

Untitled design(203)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします