12作目: メディアが報道しない、北朝鮮の“普通の暮らし”とは。撮影監督が韓国籍を放棄して挑んだドキュメンタリー『ワンダーランド北朝鮮』|GOOD CINEMA PICKS


北朝鮮についての報道で目にするのは、「軍事パレード」「ミサイル発射実験」「飢餓」などのキーワード。日本のテレビニュースでも、同国で放送された番組の映像が映されることがあるが、それは北朝鮮の実際の姿に近いのだろうか。外からのアクセスが容易でない国家について、内情を詳しく知ることは難しい。

今回の『GOOD CINEMA PICKS』で紹介するのは、限りなく日常の姿を撮ろうと北朝鮮に三度入国したのちに撮影された、初の北朝鮮政府公認ドキュメンタリー『ワンダーランド北朝鮮』だ。そこに映る、人々の“普通の生活”とはどんなものだろうか。

width="100%"
©Kundschafter Filmproduktion GmbH

北朝鮮国民のサステイナブルで、幸せそうな生活

 朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の国民の生活と聞いて思い浮かぶのは、困窮した、そして統制された生活かもしれない。本作に映る人々には、自給自足に近い暮らしをしている人も、工場や施設で働いている人もいるが、共通しているのは「素朴で穏やかな生活」を送っているように見える点だ。本作の監督はそんな様子を目の当たりにし、自身が子ども時代を過ごした1970年代の韓国を思い出したとインタビューで話している。
 
 また観客を驚かせるのは、北朝鮮の暮らしが他国と比べて非常にサステイナブルなところだろう。地熱発電、風力発電、太陽光発電など自然のエネルギーが推奨されて使われているようだ。さらに農村部の家庭では家畜などの糞から発生するメタンガスを利用して調理したり、畑で余った藁で暖をとったりするなど、使えるものを無駄なく使う循環型のライフスタイルが成立している。国が経済制裁下にあるからこそ、そのような生活をするしかないのだと推測できるが、それは地に足の着いた平和なライフスタイルとして目に映る。

width="100%"
©Kundschafter Filmproduktion GmbH

韓国籍を捨て、北朝鮮公認ドキュメンタリーを撮影した監督

 北朝鮮への入国には制限があるし、映像を撮るには許可が必要だ。隠し撮りをしたことや身分を偽っていたことなどが理由で、同国を取材したジャーナリストや監督が入国禁止になったり、逮捕されたりしたことが過去に幾度もある。だが本作の監督チョ・ソンヨン氏は、事前に複数回同国を訪れて取材対象者や取材場所を選び、信頼関係を構築してから撮影したという点で、ほかのドキュメンタリー製作者と異なった。

 さらに撮影のため、彼女が韓国籍を放棄しドイツのパスポートを取得して北朝鮮に入国したことからは、人々の想像を絶する覚悟と、計り知れない熱意が感じられる。韓国人が北朝鮮に渡航することが、韓国国家からの「裏切り行為」とみなされて処罰の対象となるという背景があるため、彼女が安全に取材へ行くのにほかの選択肢はなかったのだ。

width="100%"
写真右がチョ・ソンヨン監督
©Kundschafter Filmproduktion GmbH

メディアが描くイメージは作られたものなのか

 監督が映したかったのは、「北朝鮮の人々の日常」。本作を見て、どのくらい北朝鮮について知ることができるのか、それはわからない。だが一般的なメディアでは見られない、自給自足に近い生活をしながら平和そうに暮らす人々の姿を見ることはできる。そのような生活をしている人ばかりだと断言はできないが、それも北朝鮮の一面ではないだろうか。物事を何か一つ疑い始めれば、本作が映している同国の日常についてのみならず、メディアの映す映像が現実なのか、それともプロパガンダなのか判断するのは決してたやすくないと思わされる。

 最後に、作中でも日本(大日本帝国)からの独立戦争に関して触れられていたが、朝鮮半島の分断には日本の戦争・植民地支配の歴史が大きく関係していることを私たちは忘れてはならない。

予告編

※動画が見られない方はこちら

映画『ワンダーランド北朝鮮』

Website

2018年6月30日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

2監督:チョ・ソンヒョン 配給:ユナイテッドピープル
2016年/109分/ドイツ・北朝鮮/ドキュメンタリー

シアター・イメージフォーラムでのトークショー(15分~20分程度)

6月30日(土)11:00~上映後トーク
宮西有紀さん(日本国際ボランティアセンター(JVC)コリア事業担当)

6月30日(土)13:15~上映後トーク
礒?敦仁さん(慶應義塾大学 准教授(北朝鮮政治)「北朝鮮入門」著者)

7月 1日(日)11:00~上映後トーク
菱田雄介さん(写真家/最新写真集「border | korea」)

7月 1日(日)13:15~上映後トーク
高英起さん(北朝鮮情報サイト「デイリーNKジャパン」東京支局長)&うねこさん(先軍女子)

詳細はこちら

width=“100%"
©Kundschafter Filmproduktion GmbH

▶︎オススメ記事

11作目: 「多様性を認めない社会」へのジョージ・クルーニーからの警告?笑いながらも考えさせられるコメディ映画『サバービコン 仮面を被った街』

10作目:“性別”の枠を超えた愛とは。二度と訪れない、二人の青年の一夏を描く『君の名前で僕を呼んで』

9作目:「エイズ問題」を見て見ぬふりをする政府や、製薬会社に抗議する若者を生々しくエモーショナルに描いた映画『BPM ビート・パー・ミニット』

▶︎オススメ記事

#12 「日本を責めたいわけじゃない、でも知って欲しい」。日本にまつわる“韓国の思想”をアートで体現する女性|GOOD ART GALLERY

「在日コリアンは日本人でも韓国人でもなく独立した存在だと思う」。日本で「コリアンの若者」として生きることとは

Text by Shiori Kirigaya
ーBe inspired!

 

Untitled design-2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします