デンマーク発、「本ではなく人を借りる図書館」


(Photo by UMassAmherst)

(Photo by UMassAmherst)

図書館は「本を借りるための場所」。
 
そんな常識が、コペンハーゲンで打ち破られ、世界中に広まっている。
 
そこで借りられるのは本じゃない。
 
人だ。


 
 
作られた「お涙頂戴ストーリー」を消費し続ける社会

(Photo by Flickr)

(Photo by Flickr)

8月末に話題になった「感動ポルノ」という言葉、ご存知だろうか。
 
障害者を劇的・感動的に取り上げる24時間テレビへの批判の中で使われたもので、メディアが自分たちの利益のためにマイノリティの人々の「感動ストーリー」を作り上げ、消費の対象にすることを指す。
 
これにはメディアが作り出す「虚構」への皮肉が詰まっている。
 
メディアの作った「恵まれない境遇にいながらも努力し、精いっぱい生きる立派な人」を見た視聴者が「気の毒…」「勇気をもらった!」と“感動”する風潮が、世界中にあるのだ。
 
「感動ポルノ」の対象になるのは障害者だけではない。
 
うつ病患者、レイプ被害者など、少しでも“普通の人”と違えば、あっという間に「〇〇な人ってきっとこんな感じ」というステレオタイプができ、消費の対象となる。
 
しかしその「かわいそうな人像」、果たして真実なのだろうか?
 
もちろん、苦しい境遇の中で困難と戦っている人々の姿には感銘を受け、尊敬させられる。
 
だからといって、彼らは「普通の人」に「感動モノ」として祭り上げられ、同情されるために戦っているわけではない。
 
人を障害や社会的背景でひとくくりにし、判断するのは間違っている。
 
何かしらのバックグラウンドがあったとしても、それ以前に一人の「人間」であり、一人ひとりの経験は違うのだ。
 
その人の「本当の生き様」について知りたいのなら、テレビを見るよりも実際に「会って話す」べきではないだろうか。

 
 
ひとりひとりがベストセラー。北欧発の「人」を借りる図書館。

(Photo by ODYSSEY)

(Photo by ODEYSSEY)

そんな「感動ポルノ」が生む様々なステレオタイプに立ち向かう活動がある。
 
それが「ヒューマン・ライブラリー(Human Library)」だ。
 
コペンハーゲンで2000年に始まり、今世界的な広まりを見せているこのヒューマン・ライブラリー。
 
「図書館」という名前がついているが、借りられる本は、実際の本ではなく「人」だ。
 
やってきた人は話したい人を選び、決められた時間内でその人の経験を直接聞くことができる。

 
 
どんな人が借りられるの?

(Photo by FACEBOOK)

(Photo by FACEBOOK)

ヒューマンライブラリーで借りることができる「人」は、障害者や難民、アルコール中毒者、ホームレス、HIV患者、うつ病患者、いじめやレイプの被害者、イスラム教徒、中国人など様々だ。
 
彼らは何を語るために「図書館の本になった」のだろうか。

(Photo by Human Library)

(Photo by Human Library)

例えばこの女性、ついているタイトルは「若くしてシングルマザーになった人」だ。
 
彼女はこう語る。
 
「若くして子供を産んでもキャリアを作れないわけじゃない。テレビのリアリティーショーでは放送されない“もう一つの道”を、私は伝えていきたいの」
 
若くして妊娠・出産したせいで遊びも仕事もできないけど、子どもへの愛を胸に子育てに励む―なんてイメージが、シングルマザーにつきがちなのではないだろうか。
 
そんな世の中の思い込みを打ち破ろうと、彼女は自ら本になり、自分の生き方を語ることを選んだ。

 
 
会いに来て、中身を知ってほしい

(Photo by Flickr)

(Photo by Flickr)

「表紙だけで本を判断しないで」
 
これが、ヒューマンライブラリーが掲げるメッセージだ。
 
見た目や社会的背景によって貼られたレッテルではなく、ひとりの人間としてのパーソナリティや生き方を本人との「対話」によって知ってほしい。
 
そんな願いが込められた活動が、ヒューマンライブラリーなのだ。
 
ヒューマンライブラリーの活動は、北欧から世界中の自治体や学校に広まっている。
 
さらに、ホームページから応募すれば、だれでも借りられる側の「本」になることもできる。
 
ひとりひとりの人生が「物語」であり、ただ一つの「ベストセラー」。
 
“人”を借りられる図書館は、「リアルな生き様」を知ることのできる絶好のスポットだ。
 
あらゆる「本」との対話は、あなたに新たな価値観や人生のヒントをもたらすかもしれない。

 
via. Human Library, excite, FACEBOOK
 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
非公開: 大炎上。「障害者差別」をしたアメリカの“ファッション誌”。#Ableism
「車いす」に乗り、ヴィンテージ風のダッチワイフの挑発的な格好。 今月の「インタビューマガジン」の表紙を飾った若干18歳のアメリカの人気セレブ、カイリー・ジェンナー氏。...

 

ーBe inspired!

humanlibrary 640400
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします