「ホームレスの価値」を伝えるため、ホームレスになった男のカフェ。


(Photo by PEXELS)

(Photo by PEXELS)

東京都心部の緑豊かな公園。
 
平日はサラリーマンの憩いの場、休日はカップルやファミリーで賑わうスポットに、不思議なカフェがある。
 
緑の地を進むと、現れたのはブルーシートで作られたテントと簡易的な椅子。
 
机の上にはたくさんの食べ物やお茶が並べられている。
 
まるで宴会のようだ。
 
お客さんはスーツのお父さんや外国人、身なりのきちんとした女性、お年寄りなど。
 
そして、経営者は公園在住の2人のホームレスだ。


 
 
公式ホームページのないカフェ「エノアール」

東京都内の各公園には、ホームレスの人々が暮らしている一画、通称「テント村」がある。
 
2003年、自ら率先してこのテント村の住人になった2人のアーティストがいた。
 
小川てつオいちむらみさこである。
 
彼らは社会から隔絶され排除されるホームレスの新しい可能性を見出すため「エノアール」という物々交換カフェを始めた。
 
店舗はない。
 
あるのはブルーシートのテントと公園の敷地だけ。
 
公式ホームページもなければ、メディアで大きく取材を受けることもしていない。
 
明確なメニューもないが、お茶や食べ物などは豊富に揃っているらしい。
 
そして、エノアールには金銭でやり取りをするという常識もない。
 
ここは、「物々交換」で成り立つカフェなのだ。
 
お茶が飲みたければ、お金以外の「お茶に見合う何か」を差し出すことが、このカフェのルールだ。
 
公式ホームページがないため、エノアールの主な情報はカフェを訪れた人々が発信源だ。
 
「今日たまたま公園を歩いていたら、ついにエノアールを見つけたので行ってみた!」という人もいる。
 
まるで幻のカフェである。
 
客層は老若男女問わず、職業も国籍も問わない。
 
興味本位で訪れる観光客もいるし、公園生活を熟知している玄人が集まる日もある。
 
支援団体や思想家が訪れることもあるので、いつも穏やかなわけではないらしい。
 
自治体の整備の影響で、移転を余儀なくされたこともあるのだとか。
 
しかし、2016年現在まで「エノアール」は確かに存在していることが、ツイッターやブログの情報から確認できる。
 
そして、このカフェではおそらく世界で最も自然に「市民とホームレスの交流」が行われている場所ではないだろうか。

 
 
ホームレスは新しい文化の担い手

(Photo by Ciro Cattuto)

(Photo by Ciro Cattuto)

エノアール運営者の小川氏のブログには、ホームレスの小屋づくりや生活のポイントなど、ホームレスお役立ち情報が綴られている。
 
おそらく、ホームレスによるホームレスのためのメディアは、後にも先にも小川氏のブログだけではないだろうか。
 
そして、彼が書いた記事の中には、ホームレスに対するステレオタイプを打ち崩すメッセージがたくさん散りばめられている。
 
 

ぼくが公園でホームレス生活を始めた最大の理由は、ここから新しい文化が生まれるかもしれない、と思ったからです。
 
驚く人も呆れる人もいるでしょうが、そうとしか言えません。
 
外からみていて、ホームレスの人たちには、自由に使える時間がたくさんあり、コミュニケーションがさかんであり(助けあっている)、また様々な人がいる、と思っていて、そういうところから(差別されているということも付け加えることもできます)、文化が生まれてくるはずだ、と思って、そして暮らすことにしたのです。
 
だから、ぼくの立場からいうと、ホームレスをなくせばいい、という風には思わず、むしろ若い人は家賃を払うために賃労働をせずにホームレスになったらどうか、と提言したいほどです。
 
(もちろん、そんな簡単に言えることではないのですが)。

 
 
出展:小川てつオのブログ「ホームレス文化」
 
彼は、ホームレスは保護されるべき弱い対象でも、蔑まれて排除されるべき対象でもなく、新しい文化を作り出す者だと主張する。
 
実際、彼のテントの周りでは、様々な性別、国籍、経歴の人同士が集い、金銭の概念を排除した世界だからこそ芽生える心の繋がりがあるようだ。

 
 
家のない者は“憂さ晴らし”の的

(Photo by PRODarcy Moore)

(Photo by PRODarcy Moore)

現在、日本にはおよそ8000人のホームレスが存在していることが厚生労働省の調査で明らかになった。
 
「家のない者は卑しい」「ホームレスは危険」という価値観は、国内外問わず、古来から存在する。
 
夜間に公園や河川敷で寝ているホームレスを狙った凶悪な犯罪はなくならない。
 
今年の5月には大阪府で、ホームレスの布団に火をつける事件が相次ぎ、30代の男が逮捕された。
 
ホームレスをターゲットにして暴力を振るう者の多くは、その動機を「憂さ晴らし」もしくは「目障りだったから」と語る。
 
家のない者、所得のない者、仕事のない者は、時に人権まで持っていないかのように扱われる。
 
暴力を振るわなくても、路上にホームレスが寝ていれば見て見ぬふりをする人が大半だ。
 
まるで社会において彼らは「いない」もののようだ。
 
そんなホームレスたちを可視化し、彼ら独自の生き様に可能性を見出したのが小川氏だった。

 
 
広がるホームレスの輪

(Photo by Bさん)

(Photo by Bさん)

エノアールではこれまでに、様々な催しが行われてきたようだ。
 
小川氏たちの取り組みを映像に残したドキュメンタリー作品が上映されたり、なんと滋賀県にて出張エノアールが開催されたという情報も入手した。
 
そしてカフェでは週に一度、「絵を描く会」が開催されている。
 
カフェを訪れた人が、自由に絵を描くことができる催しだ。
 
公園に落ちている枝も画材の一つになるのだとか。
 
そして、描かれた絵は公園の木々に飾られ、店内のインテリアになるそうだ。
 
これがカフェの名前の由来「絵のあるカフェ=エノアール」だ。
 
もしも公園でブルーシートのカフェに出会えた時は、「見て見ぬふり」をせずにカフェを訪れてみたいものだ。
 
お金の代わりに何を持っていこうか考えるだけで、ちょっとわくわくする。

 
 
via. 小川てつオ, エノアール, 放浪乙女えくすとら, 喜八ログ, 幻想第一, NAVERまとめ
 
 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
“『カフェアート』が仕掛ける「100人の英国ホームレス・カメラマン」?”
マニラ、ニューヨーク、ロサンゼルス。 見慣れない並びだが、これら3都市の共通点。 それは「ホームレスが多い」ということだ。 「都市とホームレス」。 ...

 

ーBe inspired!

Untitled design(47)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします