若者がセックスも政治も同じテーブルの上で考えるイベント第4弾。今回のテーマは「私とあなたの世界」


“私”のなかの世界を全部知ることすらまだできていないのに、大好きな“あなた”の世界を知りたいとどんなに近づいてみたって、その人がどんなことを思っているのかを言葉で聞いたって、半分も理解できなくて、それなのにこの世界はどんどん広くなるばかり。今回vol.4を迎える東京の最先端カルチャーイベント「Making-Love Club」では、「you and I 私とあなたの世界」について考える。「Making-Love Club」は、感度の高いユース世代に向けたカルチャーコンテンツを魅せながら、本当はカルチャーと密接な関係にあるにも関わらず若者たちの話題にされにくい「セックス」や「政治」について若いクリエイターたちが本音でトークセッションを行うイベントだ。

width=“100%"

Making-Love Club

ここにいない誰かが、どこかで苦しんでいるんだって、そんな話を聞かされてもイマイチぴんとこない。

「わたし」を取り巻くあれこれで「わたし」の世界は構成されている。毎日社会のシステムに沿って働いて、学校にかよって、その中で生まれる人と人の関わりに救われたり、頭を悩ませたりするのを繰り返す。

例えば、ある人気アパレルメーカーの工場で働く従業員が劣悪な労働環境を訴える手作りのタグを商品につけたというあのニュース。ファストファッションの生産過程に蔓延る様々な問題を知らなかったわけじゃない。それなのに、心がざわつく。そこで虐げられている人たちは「わたし」の世界の外側にいるはずだった。それなのに、まるで暗い部屋の電気をつけた時みたいに、見えなかったその「誰か」が突然で目の前に現れた。

「誰か」は「誰か」じゃなくって、「あなた」になった。

「あなた」のいる世界は、前とは随分、違って見える。

文 菊池まこと

width=“100%"

 今回のテーマ、「you and I 私とあなたの世界」。ものすごく小さいようで、ものすごく大きいこのテーマ。自分のことを自分は本当に分かっているのか、“私”ではない“あなた”のことをどこまで知っているのか、そしてどこまでが“あなた”で、“私とあなたの世界”が幸せでいっぱいになるために今何をすればいいのか…。まだ生まれて20年程しか経たない若者たちが若者たちなりに「自己理解」「他者理解」を深く考える。“私”と“あなた”が生きるこの世界のことをみんなで考えてみよう。

<イベント詳細>

Making-Love Club Vol.4「you and I -私とあなたの世界について-」
vol. 4 & issue no.2 launch party

2017年12月21日(木)
時間:19:30-23:00
会場:LOFT9
〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS1階

料金:door ¥1000 with 1 drink
前売りチケットはこちら

TALK SESSION:「you and i;私とあなたの世界」
登壇者:モデル 中川えりな、HIGH(er)Magazine編集長 haru.、Emotional Love編集長 綿貫大介、映像作家 UMMMI.、モデル・スタイリスト 清水文太
LIVE:Dos Monos
DJ:SUPANQ BANQUE
Film Screening:Julien Levy
VJ:Play Back Boys

 
Text by Foo Shoji
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
中川えりな、20歳。今、彼女は「ファッション」で政治と日本の若者の距離をどう近づけるのか。
”私おしゃれでモデルやってて、政治も考えてる頭いい子なんです”って自分をアピールするために活動してる訳じゃない そう言い放ったのは中川えり...

 
Untitled design (1)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします