第2の命を与えてくれる「洋服屋」| 【連載2】ALL YOURS木村のLIFE-SPECの作り方


(Photo by Reo Takahashi)

(Photo by Reo Takahashi)

あらゆる生命がそうであるように、物事には始まりと終わりがあって、人間が作り出すものにも寿命というものがある。
 
多くのものは、生まれ落ちる時と同じくらい、死にゆく時にエネルギーを使う。
 
そこまでの過程の中で経験した、体験、思い入れ、後悔や反省を、喜びや、楽しさを詰め込んで。
 
でも、本当か嘘かはわからないけど、「ソニータイマー」と呼ばれた、設計された「死」もあるようだ。

「トレンド」という言葉がある。
 
流行という名の下に、死へとプログラミングされ、その個体に詰め込まれたトレンド情報を消費しつくされて、人知れず「死」を迎えるものもある。
 
その後に残るものはただの情報が抜け落ちた、抜け殻であり、商品の形はしているが、商品価値の無いただの物体となって市場(あるいはクローゼットの中)を永遠と漂流する。

 
 
日本に流通する50億の洋服の行方

(Photo by pixabay)

(Photo by pixabay)

どこかで誰かに聞いた話だけど、今現在、衣料品として一年間に流通している数量は「50億着」と言われているそうだ。
 
「50億!」
 
これを聞いて僕らは躊躇してしまった。
 
日本の総人口が約1億4000万人。
 
大体一人当たり36着購買しないと消費しきれない数字。
 
もしこれが義務ならば、老若男女、もしお子さんが生まれる予定がある方なら、お腹の子供にも36着を購入しなければ消費しきれない。
 
でも、幸い義務ではないので、それを消費する必要はない。
 
とすると、それらは一体どこに行っているのだろうか?
 
ものを生産して販売している僕らは、この話が本当ならば、
 
「もう新しく生産する必要なんて無いじゃないか!」
 
心からそう思ったのです。
 
とてもじゃないが持続可能性がない。
 
そして、その葛藤から、非常にシンプルな答えに行き着きました。
 
僕らのやりたい事。
 
それは、「必要なモノ(LIFE—SPEC)を必要な人に届けたい」
 
そんな想いはDEEPER’S WEARと一緒で、
 
その想いはそのままに、ちょっと違ったアプローチとして、
 
”SECOND LIFE”を立ち上げました。
 
今の”常識”でモノゴトを見ると、洋服を購入する行為って、トレンドという”情報”を消費する行為です。
 
その”情報”の賞味期限が切れると、その洋服自体が持っている耐久性よりも早く、寿命が来てしまいます。(そのモノが持っていた価値やイミが喪失する)
 
製品それ自体はまだ着れますよね?でも着れない。(ダサいですからね。ちょっと前の洋服は)
 
そういうものです。洋服って。(ちょっと虚しいですが…)
 
SECOND LIFEというコンセプトは、すでに流通している衣料品を「僕らの製品ソース」「原料」として考え、それを僕らのフィルターを通して新しい価値が創れないか?
 
これにチャレンジしていくプロジェクトです。
 
どういうことか?というと。

※動画が見られない方はこちら

 
 
「あたりまえを、あたりまえにしない」

(Photo by Facebook)

(Photo by Facebook)

これは、「既存の服(古着)にONE SWING」という僕らのLIFE—SPECの考え方を付加したシリーズです。
 
軍もののコートやM−65
ワーク系の帽子
ストール
 
これらのものは元来、「体を保護するモノ」として生まれました。
 
人々の「必要」から生まれたものたち。
 
それらを、現代の技術を使い、LIFE—SPECのコンセプトを注入して「リコンセプト」したものが「SECOND LIFE」です。
 
簡単にいうと、見慣れたいつもの商品が撥水透湿になっています。
 
例えば、コートって雨風や寒気から身を守る為のもの。
 
それに撥水加工が施されれば、また、本来の機能として使えるものになるはず。
 
そのほかにも、、、

(Photo by ALL YOURS)

(Photo by ALL YOURS)


(Photo by ALL YOURS)

(Photo by ALL YOURS)

こんな古着が着ている時の汗の臭いを取ってくれるようになっています。
 
また、僕の経験上、洋服を整理しようと思って手をつけると、大体残るものは、10年くらい着ているものが多く残ってしまう。
 
残るものって大体、「あの時着てたなぁ。」とか昔の感情を思い出してノスタルジーに浸ってしまうモノが多い。
 
洋服って、不思議なもので、情報が空になってトレンドから忘れ去られるのに、それを「思い出」とか「体験」で空になったところを埋めてしまうものがごく稀に存在する。
 
そんなものをまた着てみるモチベーションになると思うのです。
 
エコやエシカルというよりも、ただただ、シンプルに「必要」だと思ったから始めます。
 
僕らの理念、「あたりまえを、あたりまえにしない」にもバッチリ適合するしね。
 
これから、うまーく「新しい消費」が作れればいいなーと。
 
そんなことを考えています。
 
今のところ、ALL YOURS STOREのみの取り扱いです。
 
是非店頭で体感していただければ幸いです。

〜お知らせ〜
 
現在ALL YOURSは、「LIFE—SPEC MEETING TOUR」と題して全国都市をツアー中です。
 
9/28(水)-10/2(日) 京都:
MAGASINN KYOTO
〒602-8126 京都府京都市上京区中書町685−1
TEL: 075-202-7477
12:00-19:00
https://goo.gl/maps/U3by4KrvPnw
web site: http://magasinn.xyz
 
10/7(金)-10/10(月) 名古屋:
Circles
〒460-0012 愛知県名古屋市中区 千代田4-14-20
TEL:052-331-3232
12:00-19:00
https://goo.gl/maps/cV55fvaUr5Q2
web site: http://circles-jp.com/
 
10/14(金)-10/16(月) 広島:
GRUMPY
〒733-0822 広島県広島市西区庚午中1丁目18−32
TEL:082-208-2535
12:00-19:00
https://goo.gl/maps/SxJK8nybvt62b
web site: http://www.grumpy.jp/
 
現在のラインナップと、秋冬商品の最新作の販売、2017春夏商品の展示を行います。
 
お近くのかた、ぜひお越しください!

 
 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
「おしゃれは我慢」という真っ赤なウソ。| 【連載1】ALL YOURS木村のLIFE-SPECの作り方
ずっとずっと昔、ヒトは猿のある種類から派生して進化したらしい。 今いる、チンパンジーやゴリラとかと、ヒトの一番の違いは、「直立二足歩行」する事だって、ググってみると出...

 

ーBe inspired!

Untitled design(13)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします