知らずに「魚」と「プラスチック」を食べ続ける愚かな人間たち。


海で捨てられたプラスチックゴミを魚が食べて、その魚を私たちが食べる。このような食物連鎖が人体にも悪影響を及ぼしていることを知っているだろうか。世界で6番目に魚介類を食べる私たち日本人は、実は知りたくもないほど大量の「プラスチックの破片」を体内に入れているのだ。

(Photo by Nguyễn Linh)

(Photo by Nguyễn Linh)

私たちは魚と一緒に「プラスチック」を食べている

 私たちが食べている魚介類の生息する海は、非常に小さなプラスチックゴミで汚染されている。これらのプラスチックは、歯磨き粉などにスクラブ材として使用される小さなプラスチック状の原料や、プラスチック製品に加工される米粒大のプラスチック原料、劣化して細かくなったプラスチックの破片など、大きさが5mm以下で肉眼で見ることが難しい。したがって、一見きれいに見える海もこれらに汚染されている可能性が大いにある。(参照元:海ごみシンポジウム, NHKクローズアップ現代+

 ベルギーのゲント大学の研究によると、魚介類を食べるヨーロッパ人は年間に1100個ものマイクロプラスチックを食べているそうだ。(参照元:Sky News)世界の魚介類消費量を見ると、ヨーロッパ諸国ではアイスランドとポルトガル以外の国は日本よりも消費量が少ない。(参照元:TRIPGRAPHICS

 また、ヨーロッパの自然環境のプラスチック汚染が世界平均を大きく下回るのと異なり、プラスチックゴミを自然環境に世界平均の27倍も出している日本ではヨーロッパ諸国よりもさらに多いマイクロプラスチックが魚の体内に入り、人間の口から取り込まれているのだと考えられる。(参照元:DG Environment News Alart Service, The Japan Times

日本では規制されていない“危険素材”のプラスチック

 プラスチックが人間の体内に入るとどうなるのだろうか。歯磨き粉や洗顔料などにスクラブ材として含まれている細かいプラスチック原料は「マイクロビーズ」と呼ばれ、誤って目や歯肉に入り込むと炎症を起こすという。(参照元:livedoor NEWS

 このマイクロビーズは、家庭の洗面所から流れ出、下水処理場を通過して海に流れ込み、それを動物プランクトンや魚が食べることで生態系に悪影響を及ぼす。そうして流れ出るマイクロビーズの量は増加の傾向にあり、それを含めた世界の海に流出するプラスチックは年間約480万トン〜1270万トンに上るのだ。(参照元:海ごみシンポジウム

(Photo by rgerber)

(Photo by rgerber)

 さて、それらが口から人体に入った場合はどうなるのかというと、まだ研究の途上。だが、プラスチックを食べた動物に悪影響が及ぶことはわかっている。海鳥の場合、栄養失調に陥ったり脂肪に有害物質が濃縮されていたりいるのだ。(参照元:海ごみシンポジウム)このような事実から人体に深刻な影響を与えるリスクがあるという認識が広がっており、マイクロビーズを製品に使用することはアメリカやイギリス、ニュージーランドなどでは法律で禁じられている。

 しかしながら、日本では2016年の時点で何の規制もされていない。(参照元:REUTERS)そのため国内で手に入る化粧品(洗顔料や歯磨き粉を含む)の約1割にはマイクロビーズが配合されており、パッケージの原材料の欄には「ポリエチレン」や「ポリエチレン末」、「ポリプロピレン」の表示があるのだ。(参照元:海ごみシンポジウム, livedoor NEWS

“便利”なプラスチックがもたらしたこと

 安価で加工のしやすいプラスチック。それは便利な素材であることは間違いない。だが、分解されず自然界に残ってしまうことが問題だ。特に自然環境に流出したマイクロビーズは動物プランクトンでも食べられるほど細かく、回収することが不可能で、これ以上出さないように規制する以外には手の施し用がない。(参照元:海ごみシンポジウム)私たち人間は、自分たちに便利な素材を開発しておいて、いらなくなったら「自分には関係がない」もののように捨て、最後には結局自らの体を汚染する。なんて愚かなのだろうか。

 なるべく食物連鎖の過程でプラスチック由来の有害物質が濃縮されるのを抑え、人体にプラスチックを入れずに済むようにするためには、小さなことだが歯磨き粉や洗顔料などの化粧品を買う際にマイクロビーズの入った製品を選ばないこと、そしてゴミを海や道端に捨てないことがまず重要だ。

 海でないところにゴミを捨てても、下水から川へ流れ着いたり、風で飛ばされたりして、結果的に海を汚染する可能性が大いにあることを忘れてはいけない。地球環境の改善は容易には実現できないが、気づかないうちに汚してしまった地球をこれ以上汚さないようにするには多大な努力が必要なのだ。

—————
Text by Shiori Kirigaya
ーBe inspired!

wpjygs79jma-nguy-n-linh
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします