男性にも「生理」はくる。売り切れが続出した「性別関係なく履ける生理用下着」が私たちに必要な理由。


 

「生理」は“女性”にだけくるものだと思ってはいないだろうか?
 
自分の経験をさらけ出して、そんな“常識”に異を唱えるアクティビストで、生理用タンポンをキャラクターを生み出したアーティストが アメリカのワシントンD.C.にいる。性別が女性でも男性でもない、ジェンダークィアなCass Clemmer(キャス・クレマー)だ。


私は戦いをやめない#bleedingwhiletrans

 自分自身を男性とも女性とも自認していないキャスは、女性の性機能を持つトランスジェンダーで生理がある。啓発活動ではそれがどういうことなのかと経験を語り、「女性と自認していないのにもかかわらず生理と向き合わなければならない人がいる事実」を、#BleedingWhileTrans(トランスジェンダーで生理がきている)や#queeriods(クィアの生理)などのハッシュタグを使って訴えてきた。

width="100%"
キャスがタンポンのキャラクター「トニー」や生理にまつわるイラストを描いた缶バッジ。生理のある全てのジェンダーの人をサポートする取り組みの一貫として作られた
Photo by @tonithetampon

 キャスのようなアクティビストが伝えてきているように生理が女性だけのものではないということは、女性以外のジェンダーの人に向けた生理用品が必要となる。そこで、アメリカのシカゴで作られたのがジェンダーレスな生理用下着ブランド「PYRAMID SEVEN(ピラミッド・セブン)」。

 それは、クィアの人たちによる、“女性的なもの”を普段身につけない人に向けた生理用下着だ。これには自分自身を男性と自認していても身体が女性で生理のある人も含まれている。

width="100%"

width="100%"

width="100%"

 これがどんな下着なのかというと、形は一般的に売られているブリーフと同様で、中は生理用ナプキンを取り付けられるようになっている。そして何よりの特徴は、よく売られている女性的なデザインの生理用下着とは異なり、デザインで特定のジェンダーの人を排除しないところだ。

width="100%"

width="100%"
Photo by @pyramidseven

 生理用品売り場に行くと、可愛らしいデザインの商品を多く見かけるが、女性の誰もがピンクのレース付きのドレスを着たいと思っているわけではないように、女性だと自認している人でも可愛らしいデザインが好みな人ばかりではないだろう。

「生理は“女性”だけのもの」だという認識がなくなり、彼らが作ったようなジェンダーレスな商品が増えれば、多くの人が生理の期間をもっと快適に過ごせるようになるかもしれない。

***

PYRAMID SEVEN

width="100%"

All photos by PYRAMID SEVEN unless otherwise stated.
Text by Shiori Kirigaya
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
オトナに“こそ”読んでほしい。「多様な性」を考える絵本
今、海外を中心に「さまざまな性」をテーマにした絵本が増えている。 幼い頃、誰もが読み親しんだ絵本。 そんな絵本を通して、子どもや大人に「性」を考える機会を作...

 
Untitled design-42
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします