p.6 ハーフ (Hāfu)| 社会的NGワードスクラップブック【Politically Incorrect Dictionary】


 
 

社会的にNGな言葉を集めた辞典を作るために始めた【Politically Incorrect Dictionary】、今回6回目となりました。
 
社会的にNGと言いますと、歴史的、文化的、そして経済的な背景などを考えずに、相手を傷つけるような可能性のある発言をしてしまうことです。
 
ここで挙げる言葉はあくまでも提案で、正解の提示ではありません。
 
個人の性格や体験、どの視点から見るかでもちろん、「何が社会的にNGか」は変わります。
 
なので、この辞典を通して知ったり、考えたり、誰かと相談したりするきっかけになれればと思って続けています。
 
そして今回はとくにダメなのかオッケーなのか微妙なこの言葉。

 
 

p.6
 
ハーフ(Hāfu)
 
1, 半分、2 分の 1
 
2, 人種・国籍等が異なる両親から生まれた人物
 

 

日本では普通だと思います。
 
私の人種・国籍等が異なる両親から生まれた友達も気にしている様子の人には会ったことがありません。
 
でも、ある時イギリス人の知り合いは、彼と日本人の奥さんの間に生まれたお子さんが「ハーフ」と呼ばれて激怒しました。
 
彼は自分の子供が「ハーフ:未完全」と呼ばれているような気がして怒ったのでした。
 
英語だと、ハーフ・ジャパニーズやハーフ・アメリカンなど“ハーフ ~ ”というのは大丈夫なそうです。
 
でも「ハーフ」とだけ言うのが失礼だそう。
 
これは本当に国・人それぞれですが、怒る人も存在しているということを考えると、気をつけて使うか、使わないのか、しっかり判断した上で発言した方がいいのかもしれません。

正直これに関しては日本に、代わりになる言葉が存在しているのかわかりません。
 
「ダブル」と呼ぶべきではないかという議論も世間には存在していたそうですが、定着はしていないように思えます。
 
英語圏では“mixed race(人種がミックスされた)”や“partly ~ (~の一部)”などといった表現をするのが主流なようです。
 
少なくとも、英語圏の方には違うニュアンスで伝わってしまうようなので、気をつけないとですね。
 
もし代用として何かいい案があったらぜひコメントください。
 
みんなで考えていけたらいいですね。
 
それでは次回もお楽しみ!

 
 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
【Politically Incorrect Dictionary】p.5 迷言王ドナルド・トランプ氏特集
もう5回目となりました! 社会的にNGな言葉を集めた辞典を作るために始めた【Politically Incorrect Dictionary】。 今...

 

ーBe inspired!

POLITICALLY INCORRECT DICTIONARY
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします