今どき知らないとヤバい。「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」とは?


(Photo by Lotus Carroll)

(Photo by Lotus Carroll)

性と生殖に関する健康・権利と訳される「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」。
 
「リプロダクティブ・ヘルス」とは、人間の生殖システムおよびその機能と活動過程のすべての側面において、単に疾病、障害がないというばかりでなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態にあることを指す。
 
したがって、リプロダクティブ・ヘルスは、人々が安全で満ち足りた性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子どもを持つか持たないか、いつ持つか、何人持つかを決める自由をもつことを意味する。
 
1994年、カイロ国際人口・開発会議で採択された文章に基づいている。
 
生殖年齢にある男女のみならず、思春期以後、生涯にわたる性と生殖に関する健康を意味し、子どもを持たないライフスタイルを選択する人々を含めた、すべての個人に保障されるべき健康概念である。
 
具体的には、思春期保健、生殖年齢にあるカップルを対象とする家族計画と母子保健、人工妊娠中絶、妊産婦の健康、HIV/エイズを含む性感染症、不妊、ジェンダーに基づく暴力等を含む。
 
「リプロダクティブ・ライツ」とは、性に関する健康を享受する権利である。
 
具体的には、すべてのカップルと個人が、自分たちの子どもの数、出産間隔、出産する時期を自由にかつ責任をもって決定でき、そのための情報と手段を得ることができるという権利。
 
また、差別、強制、暴力を受けることなく、生殖に関する決定を行える権利も含まれる。
 
さらに、女性が安全に妊娠・出産を享受でき、またカップルが健康な子どもを持てる最善の機会を得られるよう適切なヘルスケア・サービスを利用できる権利が含まれる。
 

ー日本国際保健医療学会/国際保健用語集より

 
 

via:Fathering Japan

 
 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
“産むか、働くか。いつまでも「困難な2択」に迫られる日本の女性たち。”
「結婚したら仕事を辞める」 「子どもが生まれたら仕事は辞める」 「結婚後は相手次第で仕事するかしないか変わる」 「子どもはいつか欲しいけど、仕事が忙しいか...

 

ーBe inspired!

14404601013_ba88b9e6a0_z
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします