政治に年齢は関係ない。自分のため、未来の世代のため立ち上がった「インドの9歳の少女」が知った悲しい事実


今だに人口が増加し続けており、2022年までには中国を抜いて世界1位の人口になるとも言われ、人口問題も取り沙汰されているインド。だがそれだけではなく、大気汚染、廃棄物問題などの深刻な環境問題も抱えている。

そんなインドの環境問題を解決しようとインド政府に立ち向かった9歳のインド人少女がいるという。

「年間110万人」もの大気汚染による死者が出る国

 その少女とは、Ridhima Pandey(リディマ・パンディ)。彼女はインド政府に対して温室効果ガスの排出などによる大気汚染の問題の改善を求めると同時に彼らが今までそれらの義務を怠ってきていると訴えた。(参照元:MashableAsia

 インドの大気汚染による年間の死亡者数は「110万人」にも上るとされ、ここ4半世紀でのインドの大気汚染は急速に悪化している。

 彼女はこのような最悪の状況の中、環境問題に対して何もしていないインド政府に対し何らかのアクションを求めると同時にこのままでは今、私たちの生きる時代だけでなく、未来の世代にまで悪影響を及ぼすと訴えかけたのだ。

 インドの子どもたちは今、気候変動の問題やその影響に関して大きな恐怖を抱いており、インド政府に対してただ自分たちも義務を果たして欲しいということを多くの人たちが思っているという。

 これらの切実な訴えがインドの環境問題の深刻さを如実に表していると言える。

「子ども」が「未来の世代」を考える時代。

 今回のような子どもが訴訟を起こすことはもう驚くべきことではないのかもしれない。というのも、実際にアメリカでは9歳~20歳の若者からなる21人の団体がアメリカ政府とエネルギー会社に対して地球温暖化への対策が十分になされていないため自分たちの生活、自由、財産などの憲法上の権利が侵害されているという訴えを起こしたというニュースもある。こうした環境問題に関する訴えはまだ数こそ多くないものの、アメリカ、ドイツ、ニュージーランドなど世界各国で起こっており、実際に勝利を収めた事例もあるのだ。(参照元:MashableAsia

 このように世界では環境汚染によって自分たちはきれいな空気を吸えていない、自然を味わえないといった基本的な権利を訴えたり、自分たちの世代だけでなく未来の世代にまでも目を向け、環境問題の対策、改善を政府に求めるといったアクションが見られる。近い将来このようなことが日常茶飯事的に行われる日も近いのかもしれない。

 環境問題を含め世界では将来に向け様々な問題があり、その解決に向け日々議論されている。その将来を任っていく若い世代の人たちがその議論に積極的に加わり、改善を求め自分たちの意見を主張していくことが必要不可欠な時代になってきていることは確かである。

 政府や国際機関が若い世代の行動に対してしっかりと向き合い必要とあらば今ある対策の徹底、新たな対策を講じるといった何らかの反応や行動を取ることがより良い未来を築いていくことに繋がるだろう。

Text by Nozomi Hasegawa
ーBe inspired!

 

13716028644_7a7ba498fc_b
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします