p. 12 「恋人いるの?」| 社会的NGワードスクラップブック【Politically Incorrect Dictionary】


 

「恋人いるの?」って聞いていいの? ダメ?

Politically Incorrect Dictionary】は、Be inspired!編集部が「社会的にNG」な言葉/コンセプトを集めて作った辞典。「社会的にNG」とは、簡単に言えば、政治的、経済的、文化的背景から「それどうなの?」と思ってしまうもの。今回は、12回目ということで、「恋人いるの?」を考えてみたいと思います。

Political Correctnessは欧米で、政治の場から日常まで頻繁に議論されるテーマです。毎回お伝えしますが、この辞書が絶対正しいわけではありません。建設的な反論や批判は、大歓迎です。より良い社会にするために、一人一人が考え、言葉を吟味することが大事です。この辞書がそのきっかけになればいいなと思い、この辞典は生ました。

 これは毎回言いますが、この辞典で取り上げる言葉/コンセプトが必ずしもNGとは限りません。なぜなら誰が使うか、どんな時に使うかなどで言葉の意味は変わってくるからです。それでも全く気にせずした発言が人を不愉快な気持ちをさせてしまうリスクがあるのなら、ここで取り上げてみなさんと一緒に考えて、ディスカッションできればと思い、続けています。

width="100%"

p.12

恋人いるの?

 
 近年、LGBTQの話題が注目を集めています。人々の意識が変化したおかげで、勝手に異性愛者だと決めつけ「彼女いるの?」「彼氏いるの?」と聞くことが社会的にNGであることは浸透しつつあります。そんな時は「恋人いるの?」が安全なように思えますが、実はその「恋人はいるの?」もNGかもしれません。性的趣向も性別も暗示していないし、何が悪いの? と思うでしょうか。

width="100%"

 2017年、恋愛が多様化している現代社会。「恋人いるの?」がNGな理由は、複数の人と同時に恋愛関係に入る「ポリアモリー」の存在、そもそも恋人を必要としない人、恋愛に嫌悪感を持つ人、恋愛したくても叶わない人など、恋愛のスタンスが人それぞれで多様だからです。少し想像力を働かせると、「恋人いるの?」という質問には、「相手の性別は問わずともみんな恋愛するものだ」「恋人は1人であるべきだ」「みんな恋愛したいと思っている」「恋人がいるほうがいないよりよい」という価値観が前提になっていますよね。そしてこの偏った価値観は、これまでの社会が勝手に作り上げたものです。「恋人いるの?」と聞くことが、多様性を認めない表明になる可能性があること、そして嫌な思いをする人がいるということを忘れないでほしいと思います。

width="100%"

 安易に「彼氏/彼女いるの?」や「恋人いるの?」と聞くのではなく、「恋愛する人?」と聞いてみるのはどうでしょうか。そもそも恋愛するかどうか、各自の自由を最大限尊重する問いかけになると思います。

 Political Correctnessは、差別がないフェアな社会を実現するために議論すべき問題。本来は「恋人いるの?」「あ、わたし恋愛しないんだよね」「そうなんだ。理由聞かせて!」といったコミュニケーションが普通かもしれません。でもそれは、「わたし恋愛しないんだよね」という発言を周りが自然に受け入れるような、つまり多様性が認められた社会が前提になって初めて成立します。変な人だとレッテルを貼られるくらいなら、自由に自己表現せずに隠してしまう人が多いのが現状です。

 しかし、必ずしも「多様性を認める」=「聞いちゃダメ」ではないと思います。そもそも言語は公的で一般的なものであるので、すべての個別ケースに合わせてコミュニケーションすることはできませんし、Political Correctnessを強調するあまり、聞きたいこと・聞いても問題ないことまで言いづらくなれば、息苦しい社会になってしまうでしょう。そのためにも、偏狭な価値観を捨て多様性を認めつつ、誰もが自由に話せる社会を目指すべきではないでしょうか。みなさんは、どう考えますか?

All Illustration by Akotako
Text by Reina Tashiro
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
p. 11 「日本語かわいい(笑)」| 社会的NGワードスクラップブック【Politically Incorrect Dictionary】
2020年のオリンピックを控え、日本国内で外国人を見かけることが多くなったと思います。 2016年は、はじめて日本への旅行者の数が年間2,000万人を超えたとして...

 

S_5692671334010
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします