p.9 ホワイトウォッシング| 社会的NGワードスクラップブック【Politically Incorrect Dictionary】


今週の火曜日。アメリカである女の子のタンブラーの投稿が感動を呼び、シェアされ、話題となりました。その投稿は現在公開中の『スターウォーズ』シリーズのスピンオフ『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』について。

http://riveralwaysknew.tumblr.com/post/155327892192/i-took-my-father-to-see-rogue-one-today-ive

メキシコ系一家に生まれたその女の子のお父さんは強いメキシコ訛りがあるそうです。そんなお父さんを連れて彼女は『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』を映画館に観に行きました。

『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』の主人公のひとりを演じたのはメキシコ人俳優ディエゴ・ルナ。映画の中でも彼は訛りをアメリカ英語に変えてはいませんでした。

自分と同じような訛りのあるメキシコ人俳優が大人気作の主役級だったということに、その子のお父さんは感動して帰り道はスキップをしていたそうです。

米大統領ドナルド・トランプ氏が「メキシコとの国境に壁つくる」と衝撃的な発言をしたのは有名な話ですが、アメリカのメキシコ人差別は大きな問題となっています。

そんな中、メキシコ人俳優を大ヒット作のスクリーンで見ることは彼女のお父さんにとって大きな意味があったのでしょう。

『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』はハリウッド大作としては非常に珍しく多様性のあるキャスティングで高く評価されました。メインキャラクターたちは、女性、メキシコ人、アジア人、イスラム教徒…と全員“マイノリティー”によって構成されていたのです。

しかし逆に言えば、『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』が革命的と言えるほど、ハリウッドは「白人至上主義」なのです。

そこで今回は、社会的にNGな言葉を集めた辞典を作るために始めた【Politically Incorrect Dictionary】の1ページとして映画の中の“白人至上主義”についてお話したいと思います。

【Politically Incorrect Dictionary】は社会的にNGな言葉/コンセプトを集め辞典を作るために始めました。「社会的にNG」な言動/コンセプトといいますと、簡単に言えば、政治的、経済的、文化的背景に「それどうなの?」と思わされるものです。

ここで提案するものが常に正しいとは限りません。議論のきっかけになればと思います。

それでは、本日の1ページ。 

width="100%"

p.9

ホワイトウォッシング

白人ではない歴史な人物、もしくは本などのオリジナル作品の中のキャラクターを、映画版で白人俳優が演じること。

width="100%"

 私たちに身近なところでホワイトウォッシングの例を数個あげてみましょう。

『攻殻機動隊』(2017)

 世界中で大ヒットの士郎正宗による漫画作品『攻殻機動隊』。ハリウッドで映画化されることになりました。主人公役に選ばれたのは白人系アメリカ人スカーレット・ヨハンソン。もちろん大人気女優であり、魅力的でクールな彼女ですが、「どうして日本の作品なのに日本人が選ばれなかった」とアメリカでも問題になりました。

※動画が見られない方はこちら

『ドラゴンボール エボリューション』(2009)

 みなさんお馴染みの悟空。白人系カナダ人俳優のジャスティン・チャットウィンが演じました。これに関してはプロダクションから全て、世界中で大批判をくらいました。

※動画が見られない方はこちら

 アメリカの5.6%の人口がアジア系です。これは1700万人にあたります。その中でも日本人は約130万人。(参照元:Asia Matters For America)もちろん俳優という職業に就いている人はその中の一握りですが、日本人ひとつとってもこれだけいるのに、どうして白人ばかりキャスティングされるのか、納得いかないのは理解できると思います。 

width="100%"

 冒頭のメキシコ人親子のストーリーからもわかりますが、映画には個人レベル、社会レベルで大きな影響力があると言えるでしょう。セクシュアリティーにしろ、人種にしろ、職業にしろ、普段社会的に無視、もしくは迫害を受けているグループが大スクリーンに映るのは、当事者としては嬉しいことです。社会的にも、“マイノリティ”のアウェアネスをあげる意味で非常に大切です。2017年、映画業界は「多様性」を向上していけるのでしょうか?今回の『ローグワン/スターウォーズ・ストーリー』が大きな流れを作ってくれたと信じたいです。

—————
All Illustration by Ako Tako
Text by Noemi Minami
ーBe inspired!

POLITICALLY INCORRECT DICTIONARY
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします