12人目:ネット上の「自分を嫌う人」とは闘うな。憎しむのではく、“対話”を始めた勇気ある1人のユーチューバー。|Bi が選ぶ今週のGOODTUBER(グッチューバー)


世界最大の動画プラットホームYOUTUBEでは、誰も思いつかない驚くような挑戦を動画にしたり、自作の音楽や映画を世界中の人と共有することができる。そんなYOUTUBEでは社会を良くするために動画を作るYOUTUBERが存在していて、Be inspired!では、彼らをGOOD YOUTUBER、略してGOODTUBER(グッチューバー)と呼んでいる。本連載を通じて、新しい価値観や考え方と出会い、「社会をよくするために何か自分でもできるかもしれない」と感じるきっかけになれば嬉しい。

width=“100%"

Photo by Michael Coghlan

 みなさんのスマートフォンやパソコンにはツイッター、フェイスブックやインスタグラムのようなSNSのアプリはいくつ見つかるだろうか?SNSを通じて、遠い場所に住んでいる友達や家族と連絡したり、ニュースや流行など社会で起きていることに関する情報を簡単に手に入れられたり、私たちの生活に欠かせない存在である。

 そんな便利なSNSだが、使い方によって人を傷つける凶器になる。インターネットでの人権侵害に関する事件は10年前と比べて6.8倍増えていて、平成28年では1909件発生し、過去最高を記録した。(参照元:法務省)東京都に住むある少年が、滋賀県に住む高校生を中傷する内容をSNSに書き込み、被害者の少年が自殺した事件(参照元:朝日新聞)や、女性高校生がSNSのいじめをきっかけに、ストレス障害になり、学校に通えなくなる事件(参照元:産経WEST)が起きている。

 今回はそんなインターネット上で起きている誹謗中傷に対して、勇気ある行動を始めたひとりの人気ユーチューバーを紹介したい。

「自分を嫌う人」との対話で起こる奇跡

 今回紹介する12人目のグッチューバーはDylan Marron(ディラン・モーラン)。人気社会派ユーチューバーとして活躍している彼は、社会問題を分かりやすく解説するUnboxingシリーズや、LGBTQIA+を否定するイスラム教を信仰しながらも、性的マイノリティーとして生きる人へのインタビュー、EXTREME(LY QUEER)MUSLIMSシリーズをYOUTUBEで発信している。そして今回、新しい取り組みとして彼が始めたのは、Conversation with people who hate me(私を嫌う人との対談)シリーズだ。

※動画が見られない方はこちら

 このシリーズは、彼のYOUTUBEやFacebookに誹謗中傷のコメントを投稿した人と、インターネットを通じてではなく、電話で直接話してみるという企画である。彼は「インターネットで自分のことを嫌いとコメントした人たちと話をしてみたら、一体何が起こるのだろうか?」と思い、このシリーズのスタートを決意した。
 
 ディランのYOUTUBE動画に対して「君は本当に最低だ。社会正義のために戦う戦士のように振る舞っているが、君が言っていることは嘘ばかりで、リスナーを怖がらしているだけだ。君の最低最悪な動画を誰も見ないことを願っている」とコメントを投稿したChirs(クリス)との対談をここでは紹介したい。

width=“100%"

 社会正義が馬鹿げたものであると思っているクリスは、LGBTQIA+コミュニティーやブラックコミュニティーに対して偏見を持ち、「彼らは最低限の人権が保証されているにも関わらず、どうして世界中で人権運動を続けているのかわからない」と発言した。これに対して、ディランは「彼らが人権運動を続けているのは、自分のアイデンティティや人種が原因で、差別や不当な扱いを受けている人たちを守る大きな法律がないから。自分と違うと思う人を拒絶するのではなく、理解しようとすることが大事だと思う」と彼に伝えた。

width=“100%"

 対談の最初はディランに対して否定的なことばかり言い、正反対の意見を持っていたクリスだが、30分間の対談で大きな変化が見られた。「お互いに同意できないとしても、違う意見や考えを持つ者同士が理解し合おうと話す重要性が分かった。ディラン、君はとてもいい人だ。もう君を嫌いじゃないよ」とクリスはディランに最後に話したのだった。

コミュニケーションが容易になった現代に必要なこと

 ディランの勇気ある行動が教えてくれたのは、自分と違う意見を持っている人や嫌う人と、コメントで言い争うのではなく、直接話せば、お互い理解し合える可能性があるということである。ディランに批判的なコメントをした人たちは、彼と直接話すことで、最終的に和み理解し合えるケースが多い。顔を見て話さないSNSでは、相手を批判したり中傷したり、傷つけることも簡単だ。だからこそ、直接会って話す時と同じように、自分の一言に責任を持って発言しなければならない。

***

Dylan Marron

width=“100%"

YOUTUBE: https://www.youtube.com/user/dylanmarron/featured
Website:http://www.dylanmarron.com/
Instagram:@dylanmarron

All photos by Dylan Marron
Text by Chisano Nezu
ーBe inspired!

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
11人目:市販のアイスクリームやチョコレートに含まれる「地球と人類を壊す油」から私たちを守る方法。|Bi が選ぶ今週のGOODTUBER(グッチューバー)
世界最大の動画プラットフォームYOUTUBEでは、YOUTUBERたちが社会の様々な情報を世界中の人と共有したり、自作の映画や音楽をアップしたりと、私たちの生活に今まで感じたこ...

 
Dlyan1200
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします