13人目:「批判されてもカミングアウトするべきだと思った」5歳の弟に人気ユーチューバーがゲイだと打ち明けた理由|Bi が選ぶ今週のGOODTUBER(グッチューバー)


世界最大の動画プラットフォームYOUTUBEでは、誰もが驚くような挑戦をするところを発信したり、自分の考えや生活を発信したり、動画を通じて世界中の人たちと繋がることができる。そのYOUTUBE上では、「社会をよくするためには?」を考えさせるような動画をアップロードするYOUTUBERたちが存在していて、Be inspired!では彼らをGOOD YOUTUBER、略してGOODTUBER(グッチューバー)と呼んでいる。本連載を通して、みなさんが新しい価値観に出会い、世界が広がるきっかけになれば嬉しい。

width=“100%"
photo by trollhare

 LGBTQ+という言葉を耳にしたことがあるだろうか?これは、同性愛者やトランスジェンダーといった性的マイノリティを指す単語である。セクシュアリティやジェンダーの多様性は世界中で認知度を増し、「人間は男・女の両性だけ」「異性愛者同士が愛し合うのが普通」という概念は減ってきている。日本でも、性的マイノリティカップルをパートナーとして公的に認める「パートナー宣誓制度」が2015年に渋谷区、世田谷区、2016年に伊賀市、宝塚市、那覇市、そして今年6月には札幌市で導入され、徐々にLGBTQ+のコミュニティが受け入れられつつある。(参照元:毎日新聞

 しかし日本はまだ性的マイノリティがカミングアウトしやすい環境とは言えない。博報堂DYグループの株式会社LGBTQ研究所が、自分が性的マイノリティだと認識する330人に「性的マイノリティに該当しない人に、自分が性的マイノリティだとカミングアウトをしたことがあるか?」とアンケートをとった結果、家族には10.4%、友人には13%、職場にはたった4.3%の割合でしか告白できていないことがわかった。(参照元:株式会社LGBT研究所

 YOUTUBE上では、多くのLGBTQ+ユーチューバーがこんな状況を改善しようと動画を発信していて、13人目のグッチューバーはそのなかの一人、Oliver(オリバー)を紹介したい。彼は自身がゲイ、つまり男性同性愛者で、セクシャリティーに関する動画や自作のショートフィルムをアップしている。そして、今年7月25日、彼は5歳の弟Alife(アルフィー)に「自分がゲイだ」という事実を告白した。

※動画が見られない方はこちら

 弟のアルフィーに、自分がゲイだと伝えていなかったオリバーは「自分が男の人と結婚したらどう思う?」と聞いた。するとアルフィーは「オリバーが男の人と結婚するとしたら、それってすごいかっこいいことだと思う。愛は愛はだからね。僕は弟だから、なんでも理解できるよ」と笑顔で答えたのだった。

width=“100%"

 オリバーの勇気ある告白とアルフィーの返答に対して、称賛のコメントが寄せられたと同時に、「ゲイの弟って可哀そう」「まだ幼い弟に伝えるなんて理解できない」といったバッシングのコメントも多くあった。それに対してオリバーは「アルフィーにゲイだと告白したことに賛同できない人がいるのも知っている。だけど、僕たちは兄弟でお互いのことを理解しているし、彼なら受け入れてくれると信じていた。そしてユーチューバーとして、あの瞬間をみんなと共有すべきだと思ったんだ」と他の動画で話した。

 オリバーはあくまでも、「愛」の話を弟にしたのであって、セックスの話をしたわけではないのに、「ゲイとカミングアウト=セックスの話」だと理解する人が多いことも批判から読み取れる。そう考える人たちにもし、若い女性が「私男性といつか結婚したいの」と言ったら、それは5歳の男の子には「早すぎる話」だと思うだろうか?

width=“100%"

 日本では、まだ性的マイノリティの人が胸を張って生活できる環境ではなく、同性愛やトランスジェンダーに対して偏見や差別に繋がるようにも思われる。オリバーの行動は、性的マイノリティとして生きる人々に勇気を与え、そして「Love is Love(愛は愛だからね)」というアルフィーの一言は、ジェンダーの多様性がやっと認めら始めた現代で最も忘れてはいけないことではないだろうか。

***

Oliver

width=“100%"

YOUTUBE:https://www.youtube.com/channel/UCEeGH6LCVHNMeuk791ZJ-Mw/featured
Instagram:@olivervlogss

All photos by Oliver
Text by Chisano Nezu
ーBe inspired!

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
12人目:ネット上の「自分を嫌う人」とは闘うな。憎しむのではく、“対話”を始めた勇気ある1人のユーチューバー。|Bi が選ぶ今週のGOODTUBER(グッチューバー)
世界最大の動画プラットホームYOUTUBEでは、誰も思いつかない驚くような挑戦を動画にしたり、自作の音楽や映画を世界中の人と共有することができる。そんなYOUTUBEでは社会を...

 
oliver600
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします