6人目:使い捨てしがちな「ファストファッション」の洋服を、「社会を考えた服」に生まれ変えさせる方法。|Bi が選ぶ今週のGOODTUBER(グッチューバー)


世界最大の動画プラットホームYOUTUBEでは、誰も挑戦したことがない驚くような取り組みをしたり、ファッション、スイーツ、音楽など世間で話題になっていることを世界中で共有することができる。そのYOUTUBE上では社会をよくするために動画をアップしているYOUTUBERが存在していて、Be inspired!では彼らをGOOD YOUTUBER、略してGOODTUBER(グッチューバー)と呼んでいる。本連載を通して、新しい価値観や知識に出会い、「社会をよくするためのには自分には何ができるのか?」を考えるきっかけになれば嬉しい。

width=“100%"

 連載6回目に紹介するGOODTUBERは学生YOUTUBERとして活躍するTara(タラ)。コペンハーゲンに現在留学中で、大学で社会や環境を考慮したファッションやデザインを学んでいる。

※動画が見られない方はこちら

 彼女は「素材の染料が環境に害を及ぼしていないか」、「労働者は最低限賃金で過酷な労働を課せられていないか」、「素材を得るために動物は殺されていないか」のような社会と環境のことを考えたファッション、“サステイナブルファッション”を学んでいる。“サステイナブル”というのは“持続可能な”という意味。スペインの“Skunkfunk”やロンドンの“The Inoue Brothers”などサステイナブルファッションは世界で注目されている。

width="100%"
タラのデザインブック

 しかしサステイナブルファッションは、洋服の素材や生産方法にこだわっているため価格が高いものが多く、またサステイナブルファッションの情報を得られないため、興味があったとしてもなかなか手を出しにくいものになっている。2500人に意識調査を行ったところ、6割を超える人が購入意欲を持っているが、実際に購入経験がある人は3割に留まっている。(参照元:「倫理的消費」研究会)また、京都府に住む1000人に行ったアンケートでは、「倫理的な商品の情報を得ることができない」、「価格が高い」という理由で6割の人が購入しないそうだ。(参照元:京都府『エシカル消費(倫理的消費)・商品等に関する意識調査』

 彼女も「サステイナブルファッションの洋服を買いたいと思っていても、価格が高くて買えない。誰でも手に入れられないものになっている」と感じ、また「ファストファッション産業の裏側では、人権・環境問題が起きている。しかし、私たちの生活でファストファッションの洋服を絶対買わないこと選択は難しい」と話している。

彼女が提案する“自分の生活に合ったサステイナブルファッション”

width=“100%"

 社会や環境を考慮した商品だけを買い続けることは経済的に難しい、しかしファッション産業で起きている問題は無視したくない。そこでタラが提案するのは、誰でもできるサステイナブルファッションの方法だ。

①「どのように洋服を手入れするか」を学ぶ。

 彼女は「洋服をどのように洗濯をするか」、「自分でどのように修理するか」を学ぶことが大切だと話す。洋服の破れやほつれを直すために縫い方を学ぶ、服が傷まないように乾燥機に入れることをやめる、洋服の素材に合った洗濯をする、といったことを実践するだけで洋服はいい状態で着続けるができる。彼女はこのようなスキルを身に着けたことで、使い捨ての洋服だと思われがちのファストファッションの洋服も長い期間使うことができているという。

②自分の経済力と価値観に合うスタイルを見つける

 もう一つの方法は、社会や環境の影響を考え、負担なく長く続けられるオシャレの楽しみ方を見つけることだ。

width="100%"
タラが購入した古着

 彼女は部分的にサステイナブルファッションの洋服を取り入れたり、古着屋でお気に入りの一着を見つけるなど、経済力に合った自分だけのサステイナブルファッションを実現させている。そして「企業が社会や環境のためにどのような取り組みをしているのか」をチェックできる“Project JUST”というサイトを使って、彼女の価値観に合った企業を選び、商品を買うようにしている。

社会を考えた“自分オリジナルのファッション”を楽しむ

 タラが実践していることは明日からすぐに始められること。洗濯機に無造作に洋服を放り込むことをやめて、柔らかい素材の洋服やお気に入りのTシャツは洗濯網に入れて洗濯したり、お気に入りの古着屋を見つけたり、方法は数えきれない。またファストファッションを買うことがタブーだと思われているが、彼女のようにファストファッションを大切に長く使うことから始めてみるのはどうだろうか。社会や環境を考慮したオシャレは、サステイナブルファッションの洋服を買うだけでなく、自分自身で創り上げていくものなのだ。

***

Tara Efobi

width=“100%"

YOUTUBE:https://www.youtube.com/channel/UC-8_sgAuwiihQ5lQfC3tewA
Instagram:@taraefobi
Tumblr:http://intheinfomercialglow.tumblr.com/

All photos by Tara Efobi
Text by Chisano Nezu
ーBe inspired!

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
5人目:“男らしすぎること”が男性にとって損な理由。|Bi が選ぶ今週のGOODTUBER(グッチューバー)
オンライン動画プラットフォームYOUTUBEでは誰でも好きな動画を世界中の人たちと共有することができる。音楽、ショートフィルム、音楽動画から、お笑いまでと実に様々だ。その中...

 
Untitled design (3)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします