“いい子”を育てる「立ちっぱなし教育」。


(Photo by Thomas Hawk)

(Photo by Thomas Hawk)

勉強とは、机に向かい、“じっと座って”するもの。
 
そんな当たり前なことが今、当たり前ではなくなろうとしている。
 
“じっと座って”勉強するのではなく、「イスのない教室」で勉強することが、集中力を高め、学校の子ども達を「いい子」にさせるのだとか?


 
 
喫煙を同等の害を与える「座りすぎ」

(Photo by Thomas Hawk)

(Photo by Thomas Hawk)

「座りすぎ」は「喫煙」と同等の害を人体に与える。
 
以前も紹介したように“「座りすぎ」は、タバコを吸うことと同じくらい身体に悪く、最悪死をもたらす”と言われている。
 
そんな事実が判明し、Google、Facebook、Twitterなどシリコンバレーの名だたる企業は、「イスのないオフィス」を設け、スタンディング・デスク(立ち机)を導入している

 
 
企業がオフィスからイスを取っ払いたくなる「5つの理由」

座らずに仕事をすることは、企業に5つもメリットをもたらすというのだ。
 
「病気の減少」、「生産性の向上」、「社員の健康状態の向上」、「集中力の向上」、「寿命の延長」。
 
「健康状態」や「仕事の作業効率」の向上に繋がるスタンディングデスク。
 
実は現在、 オフィスだけでなく「学校の教室」にも導入されているのだとか?

 
 
生徒が「起立」したまま授業する国。

(Photo by Tim Caynes)

(Photo by Tim Caynes)

最近、アメリカの学校では「イスのない教室」が存在することが“当たり前”になってきている。
 
CNNによると、アメリカ・ニュージャージー州の小学校で教室にスタンディングデスク導入した結果、同校教員は「私語を話したり、机の上で物をいじったり、教室内を歩き回ったり、といった問題行動が驚くほど減った。」という。
 
スタンディングデスク導入の効果は、まだそれほど研究が進んでいるわけではないが、研究を主導したマーク・ベンデン氏によれば、有望な結果が出ているという。
 
それは「児童が学業に集中できる時間が1時間当たり7分伸びた」ということ。
 
同校の教員や校長からは、その日の授業のために準備した内容を初めて最後まで終えることができたという反響や、いつも問題行動で校長室に呼ばれていた子どもが来なくなったという反響が寄せられているという。
 
「スタンディングデスクの導入」は企業だけでなく、学校にも“児童の問題行動の減少”というメリットがあるのだ。

 
 
「校庭」を食べる生徒たち

また、アメリカでは「学校からイスをなくす」のではなく「裏庭を作る」ことで学校で起きる問題を解決する取り組みも行われている。
 
アリス・ウォーターズ氏によって始められたエディブルスクールヤード(食べられる校庭)」だ。

(Photo by Michael Huan)

(Photo by Michael Huan)

生徒たちの手で、学校の裏庭に畑を作り、畑を「もう一つの教室」と捉え、作物を育て、収穫し、調理し、給食で食べるという取り組み。
 
彼女は「食べれる校庭」を学校に作った結果、「窓は割れたまま」「給食はジャンクフード」という荒廃した学校の生徒たちに“道徳的な満足感”を感じさせ、学校の更生に成功した。
 
現在では3000校以上のカリフォルニアの学校の校庭や、日本でも取り組まれているほどだ。

 
 
新しい“当たり前”が教育を進化させる。

(Photo by Thomas Hawk)

(Photo by Thomas Hawk)

イギリス、フランス、アメリカ、ロシア、日本。5カ国の小学校で教育を受けて育った電通のキリーロバ・ナージャ氏。
 
彼女の電通報の記事によると、5カ国のそれぞれの学校の教室の座席が異なっていたそうだ。
 
各国の座席のレイアウトには、特に理由がないように見えるが、生徒に真剣に聞いてほしいのか、発言をしてほしいのか、みんなで意見をまとめてほしいのか。
 
実は「教え方の方針」を示しているという。

(Photo by dentsu-ho)

(Photo by dentsu-ho)

このように日本の学校で「当たり前」のことが、海外では「当たり前」ではないことが多く存在する。逆も然りだ。
 
日本の「伝統的な教育」を学校に残していくことはもちろん大事なことだが、「海外の教育」や「新しい教育」を取り入れ、“新しい風”を入れる。
 
そのことで、これからの時代を担う子ども達に今までとは違う新しい可能性やアイディア、才能が芽生えるかもしれない。
 
「次世代の子どもたち」のために我々が今できること。
 
それは、アメリカの学校で“新常識”となっているスタンディングデスクやエディブルスクールヤードの導入など「世界で始まっている新しい教育方法や取り組み」をまず知ることなのではないだろうか?

 

ーBe inspired!

7130192167_7506ff02bb_k
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします