【アメリカで「3人に1人」が見た!】ユニークすぎる「スーパーボウルCM3選」


(Photo by time)

(Photo by time)

一昨日、開催されたアメリカ人の「3人に1人」が見ているアメリカ最大のスポーツイベントをご存知だろうか?
 
アメリカの国民的スポーツ、アメリカンフットボールリーグ(NFL)の優勝決定戦「スーパーボウル」だ。
 
毎年試合だけでなく、国歌斉唱や、ハーフタイムショーも注目されているのだが、今年は、国歌斉唱にレディーガガ、ハーフタイムショーに、ビヨンセ、ブルーノマーズ、コールドプレイ。
 
豪華なアーティストに加え、記念すべき「第50回目」の開催ということもあり、例年よりも会場は盛り上がった。
 
そして、スーパーボウルでは、もう一つ注目されているものが存在する。
 
それは試合のテレビ中継の間に放送される「CM」。
 
1億人以上が視聴することもあり、たった30秒のCM出稿料金が「約5.8億円」。
 
「1秒=約1750万円」以上にも及ぶ。
 
広告主にはバドワイザー、コカ・コーラ、ペプシ、ドリトス、ホンダなど。
 
そんな今年のスーパーボウルで放映されたCMの中からBe inspired!が厳選した3本をご紹介。
 
 
「ポケモン」

 
「TRAIN ON(標準を合わせる)」と題されたこのポケモンの20周年記念を祝ったCM。
 
さらなる未来に標準を合わせ、挑戦していく意思や姿勢が伝わって来る。

 
 
歯磨き粉・歯ブラシメーカー「Colgate」

 
「歯磨き時に蛇口を開けっぱなしにすることは約15リットル(4ガロン)も水を無駄にしている。それは、世界中の多くの人の1週間分の水の量だ。」
 
先進国に住んでいると、つい豊富な資源だと感違いして使い過ぎてしまう水。
 
しかし「水を必要としている人が世界には沢山いる」ということをハッと気づかせてくれるメッセージ性のあるCMだ。

 
 
動物愛護団体「PETA」

 
「肉食の人(MEAT EATER)」と「菜食主義者(VEGAN)」と二画面に分けられ、いきなりセックスしている映像が流れてく衝撃的なCM。
 
「“長持ち”するから、菜食主義者になろう!(LAST LONGER,GO VEGAN.)」とテロップが流れ、肉食の人は早漏だと揶揄したオチとなっている。

 
 
年に一度。「企業の個性」の発揮の場!

今年のCMの中でも、ポケモンのCMはユーチューブで公開されてから、たった2週間で再生回数が1700万回(2016年2月8日時点)に達し、 ネットでの再生回数1位だという。

(Photo by youtube)

(Photo by youtube)

アメリカで1億人以上が視聴することが保証された「スーパーボウルのCM」。
 
それだけの視聴者がいれば、何億円、何十億円もかけてCMを流す枠の争奪戦が行わる理由がわかる気がする…。
 
今回紹介していない企業のCMも各個性が溢れているので、是非チェックしてみてほしい!
 
続けて読みたい記事:『【全米が大注目!アメフトの祭典】スーパーボウルを楽しむ「3つの方法」

 

ーBe inspired!

superbowl-halftime2
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします