Facebookを成功に導いた「合理的な奇習慣」


(Photo by Barack Obama)

(Photo by Barack Obama)

「奇習慣を持つから偉大なのか?」

それとも

「偉大だから凡人には理解不能な奇習慣を持つのか?」

 
その因果関係は不明ですが、今をときめくテック界のスターや歴史上に名を残す偉人たちは、「凡人には理解不能な合理的すぎる奇習慣」を持つことが多いようです。

その奇怪すぎる習慣に隠された、合理的すぎる理由とは?

 
 
『毎日同じ洋服を着る』
 

マーク・ザッカーバーグ(Facebook CEO)

(Photo by  JD Lasica)

(Photo by JD Lasica)

ハフィントンポストによると、「着るものに対してエネルギーを使うのは無駄」と話す彼は同じTシャツを20枚も持ち、毎日同じ洋服を着ているのだそうです。「くだらないことや、うわついたことに時間を使うと、自分の仕事をしていない気がする。私はFacebookを良くすることに全ての時間を使いたい」と語るザッカーバーグ。

洋服を選ぶ行為が「くだらない」と考える、その合理的すぎる思考。
さすがは、最年少ミリオネア!仕事に対するコミットが尋常ではないのです。

 
 
『人生をアウトソースする』

 
マリッサ・メイヤー(Yahoo CEO)

(Photo by  JD Lasica)

(Photo by JD Lasica)

現Yahoo CEOであり一児の母でもある、マリッサ・メイヤー。

スーパーキャリアウーマンの彼女の思考はもちろんスーパー合理的で、
キャリア以外の全てをアウトソースしている」と見られています。

Google時代は週168時間のうち130時間以上働く、ワークライフバランス度外視の彼女の働き方から考えれば、「キャリア以外の人生を全てアウトソーシングする」というのは納得できるのかもしれません。

キャリアも子供も全て手に入れた、世界中のワーキングウーマンの憧れである彼女の人生は、その「合理的すぎる思考」に支えられているのかもしれません!

 
 
『移動する時はゼッタイに小走り』

 
石井祐(MIT Media Labo 副所長)

(Photo by Joi Ito)

(Photo by Joi Ito)

最先端のデザインエンジニアリングで世界に衝撃を与えるマサチューセッツ工科大学内の研究所、Media Labo。この世界中の”最先端”が集結した場所で副所長を勤める石井氏は、「移動中は必ず小走りをしている」そうです。

大学構内を走りまくる彼に対して、学生たちは「なぜそんなに急ぐのか?」と訪ねる。その質問に対する彼の答えは非常にシンプル。「人生は短いから」。

「天才たちが集うコンピューター業界で、”凡人”である自分は、同僚の2倍働き、3倍の成果を出さなければならない」と語る石井氏の奇習慣からは、人並みはずれた野心を伺うことができます。

 
 
番外編:『眠るのをやめる』 レオナルド・ダビンチ

(Photo by bio.)

(Photo by bio.)

href=”http://amolife.com/personality/great-people-sleep-less.html”>こちらの記事によると、ルネサンスの巨匠レオナルド・ダヴィンチは、作業時間を確保するために「夜にまとまった睡眠をとること」をやめていたようです。

一日のうちのおよそ1/3の時間を睡眠に費やしていることを考えれば、この判断はかなり合理的と言えるのかもしれません。

ダヴィンチが実践したと言われる睡眠方法は「多相性睡眠」と言われ、4時間ごとに20分程度の睡眠を繰り返すことで実践できるそうです。
残念ながら文献が残っていないため、このクレイジーすぎる睡眠方法を実際にダヴィンチが行っていたかという真相を突き止めることはできませんが、実際に行うことは可能なようです。

こちらで多層性睡眠を実践した人によると、この睡眠方法は「睡眠不足の状態に可能な限り巧みに対処する方法であり、おそらく平均的な人たちに充分な睡眠を提供するものではない」と語られています。

あらゆる面において「平均的な人」とはかけ離れていたダヴィンチだったら、この方法で十分な睡眠をとることも可能だったかもしれない?

 
 
「奇習慣」は目標達成のための手段だった!

(Photo by Daniel Weinand)

(Photo by Daniel Weinand)

このように、奇習慣を持つ偉人達はみな、「何かを絶対にやり遂げる」という命をかけた目標を持っている点で共通しています。

“習慣”つまり”毎日行う小さなこと”を自分の目標達成の邪魔にならないように最適化することで、このような奇怪な習慣が発生するのかもしれません。

全ての人間に平等に与えられる一日。その一日をどう過ごすのか?
 
自分が掲げた目標を達成するためには、まずは”小さな習慣”の行い方を見直してみてはいかがですか?

 
 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
なぜ「成功者」は「ケチ」なのか
テック界の異端児ザッカーバーグにポップ界の女王レディー・ガガ。 誰もが知っているセレブたちの生活を想像したとこはあるだろうか。 きっと豪華なものに囲まれて、さぞ...

 
 

ーBe inspired!

Untitled design(8)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします