アンチ広告、アンチ量産。エマ・ワトソンやベッカムも愛用する“隠れサステイナブル”スニーカーVEJA。


スタイリッシュなスニーカーやバッグ、小物を作るフランス発のブランドVEJA(ヴェジャ)。最近では、ブラジルのストリートアーティストやフランスのファッションブランドとのコラボレーション商品を発表している。VEJAは広告を打たないにもかかわらず、元プロサッカー選手のデイビッド・ベッカムや、『ハリー・ポッターシリーズ』で有名になった女優のエマ・ワトソン、『インセプション』で主役の妻を演じた女優のマリオン・コティヤールにも愛用されているという。彼らは1万円前後で買えるスニーカーのどこに魅力を感じるのだろうか。

(Photo by Vincent Desailly)

トップセレブに愛される、スタイリッシュなフレンチブランド

 ミニマルなデザインが魅力的なスニーカーを中心とした商品展開をしている、フランスのブランドVEJA。自社デザインの商品以外にもブラジルのストリートアーティストのDerlon(デロン)や、フランスのアーティスティックファッションブランドのG.KERO(ジェケロ)、ワークウェアにインスパイアされたメンズブランドBLUE DE PANAME(ブルー・ドゥ・パナム)などとコラボレーション商品を販売している。

<VEJA×BLUE DE PANAMEのローンチパーティ>

※動画が見られない方はこちら

<VEJA×Derlon サン・マルタン運河(パリ)でのアートワーク>

※動画が見られない方はこちら

 広告を打たない同ブランドだが、口コミで情報が広がっており、セレブリティにも愛用されている。(参照元:Highsnobiety, WhoWhatWear)ユニークなデザインのコラボレーション商品や、メインラインのミニマルなデザインの商品が目の肥えた彼らの心を掴んでいるようだ。マリオン・コティヤールは自身のインスタグラムに「10年前に初めての1足を買って以来、ずっと生活の一部」とのコメント付きで写真を投稿している。

2人のミレニアルズによって作られたスニーカー

 2005年に立ち上げられたVEJAの創始者は、2人の24歳のミレニアルズだった。VEJAを始める前には、大企業が環境に配慮したビジネスを実践できるよう手助けするNGOを2人で設立している。それは日本でCSRの取り組みが始まった頃と重なる、「サステナビリティ」がバズワードだった時代のことだ。
 
 世界各地を旅するなかで小規模の製造業者を巡り、彼らがグローバル市場で直面する問題を調査し、自国フランスの大企業に対してコンサルティングしようとした。だが、それらは大企業にとって簡単に取り組めるものではなかったからか、全く取り合ってもらえなかったという。そこでコンサルタントをやめ、旅で訪れたブラジルで見つけたような庶民向けのシンプルなスニーカーを、ブラジルで出会った小さな製造業者と作ろうとブランドを始めることになる。(参照元:WIRED)このように、企業に働きかけるのではなく自らが主体的に活動することで、より自由で革新的な「サステナビリティ」を実現することにつながっていった。

(Photo by Vincent Desailly)

スタイリッシュなデザインとエコが織り成すハーモニー

 スタイリッシュな商品を作るVEJAだが、同時に環境に配慮した持続可能なブランドでもある。石油に由来する合成ゴムとは異なり植物から生成できる天然ゴムを使用しており、天然ゴムの採取業者により高い報酬を支払うことで、木材として利用するために行われる森林伐採を防ぐことに貢献している。さらにはスニーカーの底以外をリサイクルされたペットボトルから抽出したポリエステルで作り、フェアトレードのコットンを使用する。(参照元:WIRED)また、動物の皮革ではなく植物から合成した革のみを使用し、ビーガン(動物性のものをどの段階でも一切使用しない)商品のラインアップも揃えている。したがって自然由来で持続可能な原料を使うなどの環境保護を行なっており、適正な賃金や労働時間など労働条件の基準を満たしていると評価されているのだ。(参照元:Rank a brand

(Photo by Vincent Desailly)

  だが、これだけ環境に配慮しているのにもかかわらず、VEJAの靴を購入する人の8割以上がそれを知らずに購入するという。デザインに力を入れているだけではなく、「エコロジカルコットン」などと壁に書いてアピールすることはしないことによる効果である。彼らは先にデザインに重きを置いた商品考案し、それを実現していくという流れで制作しているのだ。(参照元:Highsnobiety

“隠れサステイナブル”が愛される理由

 VEJAにはデザイン性だけではなく、「環境に配慮していること」をあえて隠す美学がある。だからエマ・ワトソンやベイビッド・ベッカムなど大手アパレルブランドの広告塔として活躍するようなセレブリティがVEJAを愛用するのだろう。そして、ブランド自体がマス広告で大衆の関心を引くのではなく、口コミで広がる「知る人ぞ知るのブランド」だということも彼らに人気な理由の一つだろう。

 海洋ゴミから作ったスニーカーや100%自然分解可能なスニーカーを発表している大手スポーツシューズメーカーのアディダスをはじめ、 昨今サステイナブルな商品を作るブランドが増えてきている。このような傾向は業界でさらに強まり、環境に配慮した製品を作るのは当たり前になっていくと思われる。したがって、新しくブランドを立ち上げて商品を作っていくのに「サステイナブル」さは必須だと考えてほしい。サステイナブルでありながら、それが見た目ではわからないほどスタイリッシュなVEJAは、“隠れサステイナブル”の先駆者としてファッション業界のなかで着実な地位を築いていくであろう。

(Photo by Vincent Desailly)

—————
All photos by Vincent Desailly unless otherwise stated.
Text by Shiori Kirigaya
ーBe inspired!

thumbnail_VEJASS17_Lookbook1
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします