「レジ袋もパッケージも一切はありません」。“瓶のポルノ”が楽しめるアメリカのスーパーマーケット。


 

食料廃棄が世界的に問題視されていることは知っているが、あまり自分のこととして危機感を持っていない、そんなあなたに問いかけたい。

「ここ1週間で何枚のビニール袋を受け取りましたか?」

私たちが日々何気なく受け取っているビニール袋は立派な環境破壊の原因となる。プラスチックなどの不燃ゴミは、ゴミ埋立場に運ばれ有毒なガスを排出している。

大きな地球のことを考えるために、まずは小さな一歩を。

今回は小さくて大きな一歩を踏み出した夫婦が始めた「瓶のポルノ」がキーワードのスーパーマーケットを紹介する。

width=“100%"

増加し続けるゴミの廃棄と、地球への負担

 毎年1億7500万トン以上のゴミが、アメリカで埋め立てられているという。(参照元:ZEROmarket)そしてこのゴミは、 温室効果ガスの増加を引き起こし、地球温暖化の原因だとい言われている。

 私たちは、本当にこのまま、自分たちが毎日消費している目の前の「モノ」のことを考えるだけでい良いのだろうか。不要なゴミは、そのままゴミ箱に放り込めばそこですべて全てが終わるのか。増え続けるゴミを減らすにはどうすればいいのだろうか。

「そもそも、ゴミを出さない」という選択。

 ゴミを減らすにはどうしたらいいだろう?毎日平気な顔で捨てているプラスチックゴミを、そもそも生み出さないことが大切である。そう考えた夫婦がつくったのが、アメリカコロラド州にあるZERO market。同店を経営する夫婦の名は、リンジーとジェシー。

width=“100%"
左がリンジーで右がジェシー

 この店では、新鮮な地産物、スムージー、ナッツ、調味料といった食料品から、石鹸や洗剤、天然のコスメ道具などの生活用品まで、幅広い商品を提供している。一般的なスーパーマーケットと違うのは、これら全ての商品が個別包装されていないという点だ。梱包がないことに加えて、このシステムの環境への他のメリットを挙げるなら、自分が必要な量だけ選べるという点だ。例えば、一人暮らしの人が大容量の食品や調味料を手に入れても、使い切らずに腐らせて捨ててしまうことがあるだろう。それを、このZERO marketなら自分の必要な量だけ瓶に詰めればいいから、買いすぎてしまうということがなくなるのだ。

width=“100%"

width=“100%"

インスタグラムで広がる#jarpornとは?

 そういうわけでZERO marketに並ぶのが、大量の瓶。可愛らしい瓶がたくさん並んでるのを見て、お客さんはjarporn(瓶ポルノ)だと大興奮。

width=“100%"

 ちなみに、「ポルノ」といっても、「性的な興奮を起こさせる」という本来の意味は含まれていない。日本で、SNSで投稿された美味しそうな食べ物に対して「飯テロ」という表現を使うのを聞いたことがあるだろうか。英語圏では、その「飯テロ」に当たるものを“food porn(フードポルノ)”と表現する。こう言った類の「気持ちを煽る」といった意味合いでの「ポルノ」で、「瓶ポルノ」というわけだ。

ZERO marketの定める「5つのR」

 ZERO marketの活動がよくわかる動画がこちら。その中から、彼らの取り組みの「5つのR」を紹介する。

①Re-fuse
 (拒む)
不要なものは買わない。

②Re-duce
 (減らす)
必要なものを見極める。

③Re-use (再利用する)

身近なものを何にでも当てはめて使う。

④Re-cycle 
(再生利用する)
不要になった不燃物は、セカンドハンドショップに持ち込む。

⑤Rot(腐らせる)
不要な食べ物を腐敗させ、堆肥を作る。ZERO marketではやり方がわからない人のための、ワークショップが行われている。

 

今日から瓶を、使ってみる。

width=“100%"

 私たちの日々の選択によって、地球を変えることができる。

 このような素晴らしいスーパーが身近にないからといって落ち込むことはない。行きつけの青果店やスーパーマーケットで、「袋、いらないです」の一言を伝えてみる。もしくは、食事を瓶に詰めかえて、長く消費できるように工夫をする。そういった小さな積み重ねこそが、この地球を変えることができるのだ。

***
ZERO market

width=“100%"

HP:http://www.thezeromarket.com
Instagram:@thezeromarket

All photos by ZERO market unless otherwise stated.
Text by Ayane Kumagai
ーBe inspired!

 

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます!
p.2 無駄ゼロ。“あなたの財布”にも“環境”にも優しいPublic Goodsの日用品。|『GOOD GOODS CATALOG』
  あなたは、どんな基準で商品を選んでいるだろうか?もしあなたの気に入っている商品を販売する企業が、不正を働いたり環境に悪影響を及ぼす事業に資金提供したりしていたらどうするだろう...

 
Untitled design (2)
この記事が気にいったら
いいね!しよう
Be inspired!の最新情報をお届けします